TOP
昇順 / 降順
2012/02 diary
2012/02/29
ひとり

の時間がつくづく好きなんだな。

仕事が明けて、コンビニでお酒を買って、ワクワクしながら帰宅。

だけど、何で!?
オカンの車があるし!

そ。休暇休みになったらしい。

はぁ…(´д`)

ま、昼間と言えども夜勤明けだけに
飲むこと自体にケチつけられはしなかったけどさ。
でも、のんびり飲みたいのにいろいろとね(苦笑)

しかも、家計とは別に集金に来るから預金用の金を預けてるのに
いつの頃からか預金してなかったことが判明。
更にはその金はオカンのポケットに入ってた上に
「もっと家に入れない」だと。

なんじゃ、そら。
開き直りも甚だしいし(汗)

つーか、ハードな夜勤も昼間からのビールを楽しみに乗り切ったのに
ひとりでのお楽しみがことごとく壊されたし(´д`)

ひとりになりたい…
comments(0)    trackback(0) 修正
2012/02/28
深夜トーク

っつーとエロく聞こえるけど…(笑)

本日三度目の夜勤。
そして独り立ちの日。

とは言え独り立ちから数回は遅番・早番がそれぞれ一時間だけ
残業・早出をしてサポートしてくれるシステムなのだが
「大丈夫じゃない?」みたいな先手を打たれてしまい
「頑張ってみます!」と言わざるを得ない状況に…(´д`)

とは言え幸い今のところ組んだメンバーは役職付きの人が多く
サポートもしてくれるし、評価もしてくれるから
夜勤を経験して確実に自信を得てるかな♪

更には落ち着く時間もあるから普段はなかなかゆっくり話すことない人と
仕事のことはもちろん、プライベートな話も出来て
同じ職場で働いていく上で貴重な時間になってるかも。

ま、逆を言えば合わない人と組んだら辛そうだけど(苦笑)

けど、そういう人といい関係を築くチャンスでもあるけどね。

ってなわけでドキドキの独り立ちで組んだ人たちに
負担を掛けるんじゃないかって不安だったけど
もちろん、他の人に比べたらまだまだではあるけど
その時間、その時間の仕事内容については言われない・聞かないでも
自分なりにまとめたメモでこなせたからヨシと言えるかな。
組んだ人たちにも高評価をもらえたし♪

そして、巷では「いまどきの女の子」な人たちが
すんごい奥深くこの仕事のことを考える姿勢がより見えて来て刺激を受ける。

夜勤の独り立ちが出来たら次の目標は全利用者の生活ペースや好み、状態の把握だな。
今は自分のユニット以外は全然だし(>_<)
comments(0)    trackback(0) 修正
2012/02/27
やる気花火

Songby 渡り廊下走り隊ヽ(´▽`)/

てなわけで花火の如くやる気を爆発させたい…(´д`)

昨日の走りを見て分かりやすく触発されたドラさん。
最近はやる気が停滞中ではあったけど
今日は早番だったし帰宅後に走る気マンマンだったのに
終わる直前に雑用を頼まれた…

しかも、それが「パソコン得意なんですよね♪」系なのが少々不服。

どこまで出来ると思われるてるん!?
所詮は限界を感じたから業界を離れたんだし!
もう嫌だから全然違う業界に進んだんだし!

いや、ちょっと不調や分からないことがあって聞かれる程度はいいよ。
けど、「それを時間外にやらせるってどんだけだよ!」
ってなことを頼まれると面倒とかとも違う複雑な気持ちがね。
今は新しい世界で頑張ってるんだし。
勤務で疲れ果てるほど一生懸命なつもりだし。

と、少々愚痴りたいモードで3時間ばかり遅い帰宅。そのまま飲酒。

ダメだ…(´д`)

今日から気を引き締め直すつもりだったのに弱いなorz

てか、イキナリ頼まれたのに「いついつまで」とか
全然時間ないお願いを当たり前にすんなーっ!

しかも、直接的な業務とは別なことで。
今は本来の業務を覚えるのに必死なのに。

2つの面でやる気を削がれる…
comments(0)    trackback(0) 修正
2012/02/26
東京マラソン2012

東京マラソン2012
そして当日。

今年も去年と同じエリア。
なので勝手は分かってるけども大人チーム(笑)少なっ!
高校生のパワーに負けて小さくなってたさ(笑)

でも、去年もだけど始まる前はグダグダ言ってる子でも
始まると真剣に作業してるし、一生懸命声援送ってるんだよね。

そんな中で自然と生まれるチームワークもまたボランティアの醍醐味。

今年は芸能人の出場情報があまり聞こえてこなかったけど
去年のレースで「時の人」となった川内選手への注目が
沿道でも芸能人以上のものだと分かるほど。

けど、我々の陣地向かいの25qの時点で
厳しそうなレース展開だった…

そして2時間台レベルの選手は男女問わずカッコいい!
ホント、肉体からフォームまで惚れ惚れする。

あんなおとなになりたい(´д`)

ってなレースも東京マラソンの魅力ではあるけど
やっぱり東京マラソンはこの後でしょ。

仮装ランナー等が目立つようになってからが本番と言ってもいいほど更に華やぐ。

しかも、団子状態で来るから途中で作業が追い付かずに
待たせたり、渡せなかったランナーもいて申し訳ない(涙)

でも、声援だけは力の限りに送った!

仮装等で自己アピールをしているランナーには
月並みな文句だけでなく個々に合わせたり、
自分なりに咄嗟に考えた声援を送ってたんで
結構な率でレスポンスを貰えたから
「東京がひとつになる日」を体感出来たかな。

あと、夫婦だったんだろか。
30q地点の通過時点ではほぼ最下位ではあったけど
(制限に引っ掛からずたどり着いたことに拍手!)
手を繋いだ老年の男女に一際大きな声援を送ったら
「7*歳と6*歳なんです」と教えてくれた。
その歳でフルマラソンにチャレンジするだけで素晴らしいのに
完走したと思われる走りや競技中なのに
そんなにも丁寧なレスポンスをしてくれたことにただただ驚き。

あんなおとなになりたい(≧∇≦)

と、今年も結局休憩を惜しんで飲まず食わずで
途中、素でふらつきながらだった(笑)

でも、あっという間だったし、「ランナーの背中を押す」ってのはもちろん、
「自分も覇気をもらう」って目的は十分果たせたかな。

いつまで持続するか分からないよ(苦笑)
相変わらずマラソンを好きにはなってないよ(苦笑)

でも、頑張る人はカッコいい。
自分もカッコいい人になりたい。

ただただ、その思いだよね。

チャレンジすることに意義があると思う。
でも、一度はそれを果たしたのだから次なるチャレンジはサブ4。

いつか3時間台の風を感じながらあのコースを走ってみたい…

そんな風に思わせてくれた全てのランナーに感謝!

東京マラソン2012
そんなランナーの1人に貰ったカード♪
comments(0)    trackback(0) 修正
2012/02/25
東京マラソンEXPO2012

東京マラソンEXPO2012
とボランティア説明会に参加してきた♪

まずは。

転職の関係でエントリー自体も迷ったし
エントリーした後も参加出来るか不安だったけど
こうして無事に参加することが出来て本当に良かった!

そんなこんなのEXPO。
レースには出られなくてもマラソンをしてる人ならば
興味深いブースばかりだし色々なサンプルがもらえるので(笑)
早めに行ったはずだったんだけどねぇ。

ナンダカンダで2時間半くらいしか時間がなくてあっという間。

けど、各企業キツいのかねぇ。
いつもに比べてショボかった印象(苦笑)

なんせ一番時間掛かったのが「ランチパック」の購入だしな(笑)

でも、各ブランドの新商品だったり
普段はなかなか見られないブランドのグッズに
吸い寄せられそうになったこと多数。

あぁ〜、俺の足に合うポップなシューズが欲しい!
なんで4Eつてこんなにも無理なん?(´д`)
派手なくらいのシューズをは履いて走ってみたい…

ちなみに今年も水だと思ってたらアミノバリューにつき
ボランティア用ジャケットの色はオレンジ。
東京マラソンEXPO2012

あぁ、ドラえもんカラーじゃないのね…(笑)

なんてことがありつつも説明会に出ると「いよいよ」って感じ。
明日は一人でも多くのランナーの背中を押せるようにしよう。
comments(0)    trackback(0) 修正
2012/02/24
ツタエル

ってムズカシイ・・・

時々登場する同期ちゃん。
ちょっと前に体調不良で数日間休んでたのだが
ちょうどインフル流行中だったのもあって
最初はソレかと思ってたんだけどねぇ。

さすがにそれだけが理由でもないと思うけど
今日、上司から改まって話をされた。

それによると有難いことだけど俺には向上心が見えて
必死に仕事を覚えようと頑張ってる姿が見えるけど
それが同期ちゃんにプレッシャーを与えていると。
一緒に頑張って行きたい気持ちは分かるけど
「頑張ろう」の一言が追い込んでいると。
そして、それらがストレスになり体調を崩すことがあると。

なんだかなぁ・・・

上司もさすがに俺に「頑張るな」とは言えないけれど
でも、同期がドンドン先に進んで行くことに
プレッシャーを感じたり、傷ついてることを
ほんの少しだけ考慮してあげて欲しいとのことで
言い辛そうではあったし、間に挟まれて複雑だろうけどね。

上司と言ってもタメだから「うちらの世代は〜」とか
「あの子たちの世代は〜」なんて話も出たし。

だけど、いくら「ゆとり世代」と言えども
「頑張れ」の一言は追い込むだけだから禁句って・・・
自分から「教えて欲しい」の一言を言わないから
「言ってみたら?」と助言することが「怒られた」って・・・

ま、遠回しに注意されたことに凹んだりしたって言うんじゃなく
世代や育った環境で性格やら価値観が違うのは当然だけど
最低限の「仕事に対する姿勢」ってあるじゃんね。

でも、それが備わってない場合は上の者が
何重にもオブラートに包んで接していくのが現代流なのか。

なんだかなぁ・・・
comments(4)    trackback(0) 修正
2012/02/23
名前をつけてやる

Song By スピッツ

今日はまだまだ研修レベルの頃に一度入っただけの
2階のユニットでの勤務Day。
数日前から心臓バクバクだったさ・・・(苦笑)

とは言え、全く接点が無いわけじゃないしね。
お風呂ではユニット関係無く介助するし。

ちなみに2階は1階の利用者に比べて
認知も比較的軽度の方が多いので
会話も難なく出来たり、自分の意思を訴える方も多いので
逆に俺の方が「この人の名前なんだっけ?(汗)」と思うくらい
いつの間にか名前を覚えてくれてる方もいて
名前で呼んでくれたり、自ら介助を依頼されたりで
1階とは全然違う空気感だけどコレはコレでやりがいある♪

但し、そうやって自分の意思がハッキリした方々だけに
ダメ出しやら時に機嫌を損ねてしまうこともあるから
身体的な介助の面ではすんごい楽なんだけども
精神的な介助の面が難しい・・・

でも、最初に前者を必要なユニットに属せて良かったかな。
何も出来ない状態で利用者からもダメ出しされてたら
結構堪えてたかもしれないしな(苦笑)

ま、逆にちょびっとばかし出来るようになって
ちょびっとばかし調子に乗って来た頃のダメ出しも
結構堪えそうな気もするけど(笑)

ただ、何にせよ「ありがとう」の一言はもちろんだけど
「名前を覚えてもらう」「名前で呼んでもらう」
の2つって一定の世代では当たり前のことであり
それについて改めて考えることもないけど
コレってすんごい嬉しいことだったりする。
相手の中に根付いたってことだしね♪

「ドラさんにお願いしたい」
そんな風に思ってもらえるようになりたいな。
comments(0)    trackback(0) 修正
2012/02/22
身体メンテナンス

やっぱりダメか…

一時期いい感じに痛みが和らいでたんだけどねぇ。

てなわけで久々の早番で時間が取れたので帰りに整骨院へ。
こうして時々メンテナンスしないとホントに辛い…

けど、何で?
いつもは電気を流した後に吸角をして、最後に手による施術なのに
今日は最初に手による施術をした上にやたら長かった…

ま、手による施術って要はマッサージだもん。
気持ちいいし有り難いんだけど♪

それにしてもなんとかならんかねぇ。
実は今月頭くらいから遂に膝にもキたんだよね(´д`)

最初は気のせいだと見てみぬフリしてきたけど
いつしか誤魔化しが効かなくなって遂にサポーターしてるという…

仕事中はコルセットしてるしちょっとしたサイボーグだな(苦笑)

腰に膝。
マラソンやら仕事はもちろん、日常生活にすら支障を来すし
これ以上の悪化は勘弁願いたい…
comments(2)    trackback(0) 修正
2012/02/21
見てないようで見てる

Song by イエモン♪

今日は2月の初めに入った人と初めて絡んだ。
俺のユニットに配属されてたしね〜。

で、最初は改めての簡単な自己紹介をして
「自分もまだ3ヶ月なんですよ〜」
「てっきりベテランかと思いました」
ってな社交辞令トーク程度だったのですが・・・

何をやったらいいか分からないってのもあって
午後のオムツ交換に俺が入った際に見学に来て
「分からなくても●●さんには聞けなくて・・・」と漏らして来た(苦笑)
「●●さん」とは俺が苦手とする人なんだけどね(苦笑)

だって、勝手にやったらやったで怒るクセして
聞いたら聞いたで「そんなことも分からないの?」と
結構な剣幕で言われちゃ新人は身動き取れないわな。

でも、タイムリーに某所でそんなコラムが出てたけど
女ばかりの職場ってそういうアレコレがあるし
他にもみんな苦労してると思ったけどもその新人さん曰く
今日の初絡みで初登場1位に君臨したらしい(笑)

俺だけじゃなかったのか。
ホッ・・・

俺も仕事が出来るようになれば何も言えなくなるだろうし
「見返してやる!」くらいの気持ちで頑張ってるし
あまりに腹が立ったら利用者に対して「認知症だから仕方ない」と
何があっても笑顔で対応するのと同じように
「更年期だから仕方ない」と思うようにしてたけど・・・(苦笑)

けど、その新人だけでなくベテラン、しかも役職付きの人も
その人の行動は目に余るらしく前回の夜勤の際に
人間関係の話からふいに「●●さんは平気ですか?」と振られた(苦笑)

ちなみにその役職付きの人ってのも7歳も年下だけど
同じ中学・高校の後輩だったりする。
後に知ったことだけど。
しかも、だからって仲がいいわけでも、味方してくれるでもなく
「上司」として注意すべきことは注意されるしね。

でも、そういう人がきちんと見ててそんなイビリに
負けずにやってることを評価してくれるのは凄く強みだし
その新人にとったら俺は先輩だろうと俺だってまだまだ新人だもん。
だからその人に苦しめられる新人がいるとか黙ってらんない(笑)

今に見てろ。
みんなで「若きモンスターの逆襲」じゃ!
comments(0)    trackback(0) 修正
2012/02/20
車検

でしたん。

もう何回目だろうか。
以前は「今回が最後か」という思いで出してたけど
最近じゃそんな気ゼロ(笑)
走る化石にしたろうって思いでいっぱい(笑)

そんなこんなの車検。
前の会社の車も出してたし、社長とも付き合いが長いし、
何よりも安いという話があったから農協に出してたんだよね。
会社からも近いから出勤したら取りに来てくれて
帰る前に置きに来てくれたし。

けど、今は違う。
だからと言って今更他に出すってのも・・・

ってことで農協に決めたはいいけど
車を出しちゃったら足はないし、
自宅に公共機関で戻るのは大変なので
ファミレス&スパ銭で丸1日潰す予定だったさ。

でも、タダで台車が借りれた・・・(笑)
ま、だからって自宅に戻ったらウダウダしちゃって
再び取りに来るのが面倒だし結局はファミレス→スパ銭(苦笑)

ただ、全て徒歩での移動だと思ったのが
車で出来たから楽だったけど〜。

そんでもってファミレスで仕事の資料まとめして
スパ銭でとことん身体メンテナンスをして
思いがけず有意義な1日だったかも。
暇を持て余して長い長い1日になると思ったのに。

そして、タイヤ交換もあったから心配してた割には安かったけど
去年は半年間しか働いてませんから(苦笑)

イタイ出費・・・(涙)
comments(0)    trackback(0) 修正
2012/02/19
金をくれ!

ってヤツか?

今朝、課長がある職員に
「●●さんを1人としてカウントしちゃダメ」と警告をしていた。

●●さんとは同期ちゃんなのだが…

俺らの後に入った人もちらほらと遅番や早番、中には夜勤もやりだして
既に1人としてカウントされてる人もいるけど
3ヶ月経ってもいまだにド新人扱い?って思うけど
数日前に未だ許可されてないのに勝手にに車椅子への移乗をして
利用者を落として抱え上げようとしてるところを発見されたらしい…

ま、当然っちゃ当然か。
ケガさせたら大変だし。

でも、だからっていつまでも1人でやらせようとしなけりゃ
その状況って変わらなくね?

いや、俺だって怖かったよ。
俺もそうやって落としやしないかって思ってたし。
けど、自信ないこともやっていくしかないでしょ。

あ。過保護なことにヤキモチなわけではないです(苦笑)

ただ、生まれて初めて&唯一の同期だけに頑張って欲しいし
周りが文句じゃないにしろ、そうやって低い評価してるのを聞くと
俺まで複雑な気持ちになるんでね。

2月も早番・遅番が入ってなかったことを気にしてたけど
あの様子じゃ3月も入らないんだろうな。

それはないとは思うけど戦力外通告とかされなきゃ良いが…

なんてことを思った1日。
comments(2)    trackback(0) 修正
2012/02/18
夏物語2012

♪また今年も沢山の思い出作りたいね〜

今では遠征は気楽だからと好んで1人でしてる俺。
なので昨夏久々にシクラで3人での遠征をした際、
楽しみと不安が半々だったりしたけども
行ってみたらひたすら楽しかったのもあって
「来年もまた一緒に遠征しようね!」に始まり
「福岡行きたくない!?」と具体的に話を進めてたら
本日ツアーが発表〜♪

そして早くも福岡チケットGET!(笑)

って、早っ!
今日は昼休みに携帯イジる時間がなくて日程を見るのが精一杯。

ま、見た瞬間に東京と札幌は確定ですが(笑)

そんで、それとなくmixiに爆弾(笑)を投下してたら
それを見ずして…すなわち確認を取らずしてお供がGETしてたっつー(笑)

仕事終わりに携帯開いて先行の存在を知って電話したら
既に確保してくれてたみたい。
もう1人も事後報告なのに即OKだったらしい。

みんな感覚が絶対におかしい…(笑)

でも、一番一緒に行きたいと行ってた福岡も含まれてた上に
ファイナルに次いで行きたい初日だもの。
迷う理由がないでしょ(笑)

転職以降たくさんのライブを泣く泣く諦めて来たし
遠征なんて言語道断だったけどもつくづく思って。
新幹線や飛行機に乗るだけでワクワクなんだよね。
最近じゃ何処に行きたいってわけでもなく
ただただ新幹線や飛行機に乗りたいし(苦笑)

そんなわけで飛行機に乗れるし、旅が出来るし、
シクラワンマンが見れるし、気楽に会える仲間と一緒だし
まだまだ半年も先だけどコレをバネに頑張れそう♪

札幌も俺の分は保留されてたから1人で後から取ったのにまさかの連番だし…(笑)

そんなわけで今年も夏物語すんぞーッ!

-----------------------------------------------------------------------------------------------


シクラメン武道館初ワンマンライブまで
あと???日
comments(0)    trackback(0) 修正
2012/02/17
百均

巡りって楽しい♪

昔から「東急ハンズ」や「LOFT」が好きだけど
同じくらい「ダイソー」も好きではあったの
最近じゃ必要な物だけ見る程度。
でも、時々物色すると掘り出し物があるんだよね〜♪

今日は整骨院待ちの時間潰しに近くの非ダイソー百均に行ったのだが
明らかに公式ではないキャラクターグッズの中に
ドラ物もあって思わず色々買っちまった…(笑)
その他にもココロオドル品がいくつかあったし♪

と、お目当て以外にも掘り出し物があったり
想像…もとい創造を掻き立てる物が眠る場所なんだよね。

あ。最近は仕事でメモ帳が必須アイテムなんで
頃合いのメモ帳があるとついつい買っちゃってストックだらけ…(笑)

でも、気分で複数の中から選べるだけでワクワクするじゃん♪

100円でたくさんのワクワクを売る店。
百均はホント侮れん。
comments(4)    trackback(0) 修正
2012/02/16
二度目の夜勤

終了〜♪

一言で「夜勤」と言っても細かに分かると
3つに分かれていてそれぞれに役割が決まってて
仮眠タイムも異なるんだよね。

ちなみに前回の仮眠は3:00〜5:00。
しかし今回は23:00〜1:00。

普段だって寝てないもん。
すぐに寝れないじゃんね。
そもそも1:00以降がキツくなるのに・・・
しかも昨日は何故か寝付けなかったっつー・・・

そんなわけで前回より今回の方がキツかった。。。

でも、やっぱりいい体験。
夜間は日中はトイレで用を足す人でもオムツだったりするし
昼間と違って1人、2人でフロア全員を見ないといけないし
普段はなかなかオムツ交換を担当しない利用者も
交換しないといけないしね。

更に職員同士の関係だってそう。
夜通しバタバタしてるわけじゃないから
普段はなかなかゆっくり話す機会なくても
色々と話をすることが出来て距離が縮まったり、
色々なことが分かったりして
働きやすい環境に近づいてる感じ。

さてさて。
2回目までは指導係が付いて指示を受けながらだったけど
次回からはいよいよ独り立ちっすわ。

2回の夜勤を見て「問題ない」と太鼓判を押されてるけど
その都度「それじゃ次はコレをやって」って言われながらなら
誰だって出来るでしょ。
でも、次回からは「この時間はコレをやらなきゃ」ってのを
終始1人でやっていかなきゃならない。

もちろん、いきなり他の職員と同じレベルの動きは出来ないだろうけど
でも、最低限の仕事はこなさないとな。

明けのビールの為にも・・・(笑)
comments(0)    trackback(0) 修正
2012/02/15
虫の知らせ

ってヤツ?

今年に入ってからだったかなぁ。
ココで紹介したこともある「エイジアエンジニア」ってユニットが
活動休止を発表したんだけどもここんとこ定期的に
公式サイトを覗いてはライブ情報をチェックしてたし
発表前日にも思い出したように聴き込んでたんだよね。
それだけにショックだったけど。。。

そして昨日。
これまたココで紹介したことある「PENGIN」ってユニット。
このユニットもココ最近は定期的に公式サイトをチェックしてて
ライブ情報を心待ちにしてたんだけども一昨日にいたっては
ほとんど見ないブログまで見たんだよね。
そしたら「今は動きがないけど着実に動いてる」的な記事が
最新にあって期待しながら聴き込んでた翌日に。。。

一体ナニ?(汗)

共にイベントでは見たことあるけどワンマン行ってみたかったし
ハンパじゃなく好きな曲があるだけに残念。。。

しかも、コレだけで終わらねーっ!!!

ちょうど1年前に大阪遠征までした「Roofy」ってユニット。
こちらは自主制作版した出てないし公式サイトすらもないけど
メンバーが「mixi」や「Twitter」やってるから繋がってるし
頻繁にリアルタイムな声を聞いてはいるけど
アーティストに限らず既に繋がってる人のプロフィールを
今更覗くことってないじゃんね。

なのに昨夜(ってか今日未明)に限って何故か覗いたら
それらの発言ツールでは今のところ何の発表もないけど
プロフィールに「3月を持って活動休止」の文字(汗)
しかも、寝付けず3時過ぎに覗いたのに更新されたのが
たった数十分前だったという。。。

何か感じ取ってたのかね。
動物的直感みたいなヤツで。

それにしてもRoofyはこれから大きなアクションがありそうな
そんな気配を見せてたし、大阪まで行っちゃうほど好きだったから
本当にショック。。。

ま、でも、どのユニットも「解散」ではないしね。
前向きな活動休止だと信じて次なるステップを期待するか。

と、無理矢理納得させてみる(´д`)
comments(0)    trackback(0) 修正
2012/02/14
3ヶ月

今日で今の職場に来て丸3ヶ月でした。

いやぁ、最初の1ヶ月はメチャメチャ長かったよ・・・
でも、この1ヶ月はあっという間だったかな。
2ヶ月を過ぎたくらいから少しはゆとりも出たから
だいぶ楽しめるようにもなってきたしね♪

今だから言うけど最初の1ヶ月は不安を筆頭に
仕事に行くのが鬱で鬱で続かないと思ってたし(汗)

でも、「たった3ヶ月」ではあるけど傍から見れば
こんな俺でもそれなりに「介護士」として映ってるんじゃないかな。
まだまだ出来ないことや要経験なことばかりだけど
この数日の危機的人員不足の中でも
どうにかこうにかやってるわけだし。

さてさて。
この仕事が決まった時に3ヶ月は時給の契約社員扱いで
その後に正社員になると書いたんだけども
大事なとこだけどこの辺が実は曖昧だったりする(苦笑)
介護福祉士の資格がないと社員にはなれないって話もあるし。
そうなると最低でも3年はなれない。。。
だけども高校を含め新卒者は即社員らしい。
それもおかしな話じゃね?

ってなわけで突っ込み辛いけど大事な点だけに
「これから」に仕事そのものに対してだけでなく
待遇面(社員登用後も含)でも不安があったりするけど
「お金だけではない」と思える要素も生まれてるかな。
将来的に耐え兼ねる時が来ることがあるとしても
今は「もっと追求したい」「もっと寄り添いたい」と思えるくらい
魅力も感じられるようになったしね〜♪

だけど、つくづくこの世界の給料は厳しいね(苦笑)
数日前に「Twitter」だったかな?
たまたま介護職限定の転職サイトのバナーがあったから
覗いてみたけど男が少ないのも納得。
一家の主としてはフツーにムリッ!

でも、それを理由に離れる人も多い世界ではあるけど
そんな中でも働き続ける人だって確かに存在する。

鬱期を抜け出してゆとりが出来たと言っても
本当の壁はこれからたくさん出てくるだろうし
責任だって今以上に負っていくことになるだろうけど
ハートウォーミングで続けられたらって思うよ。

まだまだ頑張れオレ。
comments(0)    trackback(0) 修正
2012/02/13
トレラン

への第一歩・・・か?

近所に山があるんすわ。
あ。登れる山ね。
近所は山ばっかだし(笑)

で、前々から興味はあったんだけども
なかなか行かないままでここまで来たけど
前回の休みを棒に振ったのを機に
今日は「登ってみよう!」と決意。

が。

起きたら天気が怪しい・・・
俺、自分では晴れ男だと思ってるんだけど
山に行くと降られるっつージンクスがあるんだよね(´д`)

ま、だけど、この機会を逃すとまたダラダラしそうだし
この休みもダラダラするだけで終わっちゃいそうなので
昼飯を食べてからGo!

遊歩道はおよそ45分らしい。
もっとショボいと思っていました。
ごめんなさい。。。(笑)

平日の昼間だし天気も微妙だし
誰もいないと思っていました。
ごめんなさい。。。(笑)

そんなわけで山特有だよね。
会う人、会う人と「こんにちは〜」と挨拶を交わしつつ
景色や植物を見入るわけでもなくひたすら登って
頂上と思われる地点にあった展望台へ♪

君津市街が見渡せるんだけどねぇ。
改めて思った。
ホント田舎だな・・・(笑)
トレラン

そして下山。
時計を見るとたった30分。

ん〜。
ちょっと物足りないかな。
もっと疲労感が生まれるくらいあってもいいかな。
「今度はトレーニングがてら走って登ろう」なんて思ったし(笑)

あ、そうそう。
桜やらもみじなんかの木もあるんだわさ。
だから季節を変えて再訪したいね〜♪
気軽な散歩には場所も高さもいいしね。
comments(0)    trackback(0) 修正
2012/02/12
苦い顔

ビターよりベターになりた〜い(´д`)

ある利用者のお話。
一応会話は成立する。
但し、質問すると大半が「わかんない」と
今にも泣きそうな顔で答える。

どこまで認知が進んでるんだろか。
どこまで分かってて、どこまで分かってないんだろか。

この人が今年の初めに入院もしたんだけど
全然水分を摂ろうとしないんだよね。
だから色々と工夫して飲ませるようにしてるんだけども
今日も普段は好んで飲むミルクティーの進みが悪いから
声を掛けたら「苦いから嫌だ」と拒否。

その直後。
俺を指差して「この人の顔も苦い」言われたヽ(´▽`)/

って、アンタ。
絶対に分かってるだろ?(笑)
確信犯だろ???(笑)

ってことで、一緒にいた女性職員が
「●●(その利用者)さんヒド〜イ」とか言ったら
今度は「オバさんゴメンね・・・」言い出した(爆)

ちなみにその職員は20代前半です(苦笑)

と、分かってるんだか、分かってないんだか、
掴めないってのが本音ではあるけど
少なくとも過去一番ハッキリとした口調だった・・・(笑)

こんな具合にたまに「オィ!」って言いたくなるようなことを
サラッと言ってくれちゃうこともあるんだけど
他の人だったらイラッとするようなことでも
利用者が相手だと憎めないよね。
むしろほっこりする(´▽`*)

ホント、突拍子も無いこと言う人が多いよなぁ・・・(笑)
comments(0)    trackback(0) 修正
2012/02/11
インフラー

インフルのインフレだ〜ヽ(´▽`)/

ヒヤッとしたわ。
今朝は出勤前ランニングする為に余裕を持って起きてたから
かなり早くに準備出来てゆっくり過ごしてたら
親から職場から電話だと呼び掛けられた。

「え?まさか早番だったのに勘違いしてた!?」

と、ドキドキしながら出たら更なる驚き。

「今日7欠だから少しでも早く来れないかなぁ?」

7欠て!
1欠だって十分影響を及ぼすのに。
てか、普通に考えて回らないでしょ。
ま、だからと言って「本日臨時休業」なんて無理だけど。

てことで1時間ばかり早く行ったんだけど
3日前も結構な状況ではあったけど
もはや誰がインフルなのか収拾つかないくらい(汗)

そんでもって感染者はもちろんだけど
非感染者も予防対策で逆隔離状態にしてるから
なんとも異様な光景だし、怖いくらい静かだった(汗)

しかも、その対策が普段より余計に仕事を増やすから
ホントどうなっちゃうことかと思ったよ…

ま、遅番が早く出て来たり、早番が少し残ったりと
出勤してる面々で協力し合って乗り切ったけど。

しっかし、マスク効果絶大?
去年は異常なくらい風邪ひいたのにこの仕事と共に
マスクマン生活を始めたら風邪ひかなくなったし。

ま、今は職員にマスク着用が義務付けられてるし
休んだ職員全員がインフルってわけではないけど。

とにかくだ。
今は感染源がうようよしてるし
うつったら相当しんどいだろうから気ぃ付けないとな。
comments(0)    trackback(0) 修正
2012/02/10
ネジ

が1本抜けた感じ(´д`)

今の仕事って平均したら約3勤毎に休みがあるんすわ。
前の仕事は月に2回は土曜も出勤。
すなわち6勤してたのにね・・・

ま、デスクワークと肉体労働では内容が全然違うし
今の仕事は5勤すると本当にヘビーだけどね。
だからそのペースは有難い♪

が。

そのお陰で連休があまりないのが玉に瑕。
はい。昨日と今日は1ヶ月半振りの連休〜ヽ(´▽`)/

そんなわけでプチ旅に出ようかとさえ思ったほど
アクティ部になるつもりでいたんだけどね。

しかし・・・

家を出たのは今日のジョギング時だけ(汗)
昨日に至ってはずっとゴロゴロ(汗)(汗)
昼寝もしまくってたしな(汗)(汗)(汗)

なんだかなぁ・・・

「疲れてた」ってことなのかもしれないし
ゆっくり体を休めるのも「休みの過ごし方」の一つだけど
軽く自己嫌悪に陥りそうなくらいだ(´д`)

ん〜。夜勤は仕方ないにしても遅番と早番の日は
同じ時間に起きるようにしようかな。
生活リズムの問題もある気がするしな。
comments(0)    trackback(0) 修正
2012/02/09
現代求人事情

生活保護を受けながら就職活動をする人を特集した番組を観た。

率直な感想。
「なんだかなぁ…」
ってとこ?

俺も3ヶ月前まで活動してた身ですから。
状況の厳しさも、だからと言って妥協したくない気持ちも分かる。

でも、生活保護を受けながら就職活動をする人を
「意欲を失った人が多い」と紹介されてたんだよね。
最初は積極的に活動してたのに落ちまくって
いつしか消極的になって今は活動もほとんどしてないって。

…はぁ?

その根性の無さが上手くいかない原因じゃね?
倒産やリストラ等、失いたくて職を失った人ばかりじゃないけど
いつまでも誰かのせいにして現実に目を向けなかったら
今置かれてる状況なんて変わること無くね?

そもそもいい年した大人が親なり国なりに食わせてもらってるって
プライドは無いんだろうかって思っちゃう。

俺も欲を言えば休みは土日が良かったし、
給料だってそれを理由に転職する人が多い業界だもん。
もっとこだわって探し続けたい気持ちもあったけど
自分で決めたことだから変わらず家にもお金入れてたし
「今だ!」ってタイミングで突発的な退職だったから
それ以上の時間を費やすのは金銭的に厳しかったしね。
あと数日で失業手当てが下りる期間ではあったけどさ。

いついかなる時にも理想を持つことは大事だけど
理想論だけで行動が伴わないのはカッコわりーでしょ。
甘ったれんなっつー話でしょ。

働かないで暮らせるなら誰もがそうしたいけど
なにかしらの我慢をしながら奮闘してんのに
土俵に立つ前から戦意喪失ってなぁ。

やっぱり思う。
「なんだかなぁ…」
comments(2)    trackback(0) 修正
2012/02/08
便への抵抗

介護職の壁の一つに「便」があると思うけど
始めてしまえば案外大した問題ではないんだよね。
それより安全面等、気にすべきことがあるし。

今日は1月に入った人とトイレ介助を共にする機会があったんだけど
焦りを感じるくらいスムーズにやってたんだよね(苦笑)

で、排泄に関する話になったんだけど俺と同様に
今は技術を身に付けることに必死で
「汚い」って感覚はあまりないらしい。

ぶっちゃけ…

昨日なんて「臭い」と思ったら腕に便が付いてたしな(爆)
恐らくトイレ介助の際にオムツにも便器にも出てないけど
お尻に付着する程度に出てたのだろう。
そんで下衣を上げる際に付いたのに気付かなかったのかなって。

と、それだけでも結構なエピソードだけど
今日は軽い「惨事」と呼べる出来事が発生(苦笑)

ポータブルトイレにて排泄させようとしたらオムツに便。
しかも多量の為に下衣まで汚れてる。

だから、そのまま座ってるようにお願いして着替えを取りに行ったら
下衣を上げて部屋を歩き回ってたもんだから
手だけでなく部屋のあちこちが便まみれ(汗)

疑惑の人も含めてインフル騒動が起きてる最中だから
いつもよりも大変な1日だったのにこの一件で
テンパりまくりな1日だったさ(´д`)

衣類の付着や身体にべっとり付いた便の処理だけでも大変なのに
さっきまで食事してたテーブルに盛られたように乗ったのを筆頭に
部屋のあちらこちらにもべっとり。

結構メゲそうだったけどね(苦笑)

でも、慣れてくるから不思議。
てか、それに慣れないと仕事にならないし。

ホント、前職とは全く違うことばかりだけど
新たなことを身に付けたり、新たな自分を発見することも多くて
仕事ってよりは「試練」「挑戦」って意識が強くて
こなしていく喜びみたいなものも生まれ始めてたり。

つくづく思うわ。
ずっと続けていくかどうかは別にしても
いずれは自分も歳を取るし、その前には親が歳を取る。
そういう中ですごくいい経験をさせてもらってるよね。

でも、気付かず腕につけたまま帰宅…
ましてやそのまま外出しないように気を付けないとな(笑)
comments(0)    trackback(0) 修正
2012/02/07
その一言

があればそれでいい。

初めての遅番や早番の時もそうだった。
そして当日にもあった。

ってなわけで初夜勤後はじめての出勤だったわけだが、
「大丈夫でした?」とか「どうでした?」等、
心配したり、気に掛けてくれて些細ではあるけれど
何人かの人が声を掛けてくれた。

これって凄く嬉しい・・・

「大丈夫」や「頑張って」って捻くれた受け止め方をする人も多いけど
俺は前から嬉しいと言ってるけどそれは今も変わらず。
心配したり、応援してくれたり、期待してくれたり・・・
ベクトルは多少違えど相手にプラスな感情を持っていないと
わざわざ掛けないでしょ。そんな言葉。

だから俺はそういう一言で不安が小さくなったり、
苦労も報われた気持ちになって純粋に嬉しいんだよね。

そう。
「相手を気に掛ける一言」って大事でしょ。
利用者に対してだって言えることだろうし。
ただただ「ご飯ですよ」「オムツ交換しますよ」だけでなく
プラスαの言葉を掛けるだけで受け止め方って違うんじゃないかな。
信頼関係に関わってくるんじゃないかな。

注意をする時だってそう。
ただただ「ダメ」と否定したら「注意された」って印象しか残らない。
だけど「どうしたんですか?」と問い掛けて話をする中で
興味を他に逸らすことで辞めさせる方法を取るだけで
相手の中にマイナスの感情は残らないでしょ。

ま、言葉では簡単に言えるけど実行に移すのは難しいんだけど。
でも、些細な一言に「嬉しい」と思える感情を大事にしたいし、
自分が「嬉しい」と思うように俺もそんな一言を提供出来る人でありたい。

そんなことをつくづく思った1日。
comments(0)    trackback(0) 修正
2012/02/06
インチキ温泉

本日は休み。
なのに雨。。。(涙)

ちなみに今日は一時期ハマりまくってた
「Hermann H.&The Pacemakers」の一夜限りの再結成ライブ。

だけど、決まった時は行くのは無理だろうと
取ることをしなかったけど先述通り休み。
なのに想像を超える反響だったらしくSOLD OUT。
それどころかヤフオクでは数万の値段が付いてるし(汗)

でも、昼頃までは諦めずに探してたけど
体力面も考慮して潔く諦めた。。。(涙)

けど、このまま不貞寝するのも勿体無いでしょ。
いくら雨でテンションは下がると言っても。

そんなわけでもう何年も気になってた
30km走る際のコース途中にあるホテルの
日帰り温泉に行くことにした。
露天もあるし結構良さそうだったしね。

が。

まずはフロントに人がいないし、呼んでも来ないしで
そのまま入りに行っちゃおうかと思ったさ(苦笑)

で、ようやく来たと思ったら驚きの発言。
「まだ温いんで少し待ってもらえます?」

ん?
県内にも幾つか温泉があるけどいずれも
「胡散臭い」と思ってはいたけどさすがにこの発言は・・・(笑)

でも、せっかくだし待って入ってみたら
室内のお風呂は昔ながらの銭湯クラス(笑)
そんでもって「先にシャワーで洗ってる内に温かくなる」と
温泉とは思えない発言されたのにシャワーから出るのは水のみ(笑)

そんなわけで頭と体を洗って、軽く室内のお風呂に入ってから
露天に移動しようとしたら途中の木戸が開かない(汗)
だから「ナンだ!?」と扉の向こうを見たら「女湯」って書いてある(汗)

ナンだココ( ̄□ ̄;)!!

男湯にも「露天風呂入り口」ってのがきちんとあるし
それを辿ってるのに入れないって。
しかも、扉の向こうは女湯って。

でも、インターフォンも無いし、出る時に一言残すつもりが
上がって着替えてる最中に脱衣所で判明。
露天風呂は別料金での貸切限定らしい。
そ。通常料金の温泉は昔ながらの銭湯エリアのみ。

もう行くことはないな・・・(´д`)
comments(2)    trackback(0) 修正
2012/02/05
シクラメン 他/日本工学院ミュージックカレッジpresents卒業LIVE2012 「RE:Thank you」

シクラメン 他/日本工学院ミュージックカレッジpresents卒業LIVE2012 「RE:Thank you」
今年初シクライブーッ!(≧∇≦)

このライブが決まった時は日曜だし
論外だと思って取ってなかったけど
思いがけず前日に夜勤が入ったんで
初夜勤明けだってのに暴挙に出た(笑)

ま、逆に31日のライブが行けるはずだったのにダメになったし
その日が行けてたら今日はymdさんの現在のホームグラウンド
「Switch」でのひとまずのラストライブに心置きなく行けたから
喜び半分、不満半分でもあったんだけど(´д`)

でも、でも。
行っちゃえば楽しむのみ。
肉体だけでなく魂もすべて横浜。
申し訳ないけど帰りに「Twitter」見るまで
すっかり「Switch」のラストライブのことを忘れてたよ・・・(汗)

そんなこんなの今日のライブ。
あの日本工学院の卒業制作的なライブで
音響や照明はもちろん、案内係等の裏方に至るまで
全てを生徒がやるっつーライブなのです。

それだけに各アーティストとも「夢」について
熱く語ってたのが印象的。

そんな今日の出演者は
 赤靴
 SISTER JET
 のあのわ
 シクラメン
の4組。

知ってたのは「のあのわ」のみだったけど
この手のライブは別の意味で面白い。
各アーティスト共、自分たちのファンだけじゃないもん。
そして、アピールするチャンスだもん。
シクラが待ち遠しくもあるけどそれぞれも楽しかった♪

そしてお待ちかねのシクラメン。
未だに「My Revolution」が流れるたびにドキッとする(笑)

最初にセトリを挙げるとこんな感じ。
 1.kamataッ子
 2.夏物語
 3.舞い桜
 4.ブンブン
 5.MUSIC 
 6.僕の宝物
 <Encore>
 7.ららら☆フェスティバル
イベントを意識した要素を感じもするけど
アンコールで「ららら☆フェスティバル」はビックリ。
順当に「大切な人へ」か「すまいる」だと思ったのに。

そして「舞い桜」。
確かに卒業にはピッタリだったけどこれにもビックリ。
学生たちの目・耳にはどう映った・聴こえたんだろ。
気になるところだ。

それにしても・・・
ファンの贔屓目とかじゃなくて・・・
完全にシクラの独壇場(汗)

でも、その逆だった時期もあるわけで。
そういう意味でもイベントってアーティスト同士の刺激になるだろうし
今回のコンセプトがコンセプトだけに学生にとってもいい経験になって
いつの日か「プロ」としてライブを製作して欲しいね。

日本工学院の学生のみなさん。
素敵なライブをありがとーッ!(≧∇≦)
comments(0)    trackback(0) 修正
2012/02/04
初夜勤

遂にこの時が来た・・・

遅番・早番・別ユニット担当。
夜勤に向けて着々と段階を経て、
その都度ドキドキだったし、
夜勤が不安だったんだけどねぇ。

2ヶ月が経ったくらいからかな。
それまでこの季節でも常に汗だくになってたのが
少しゆとりが出て人並みに寒さも感じるし(笑)
少しだけ仕事を楽しめる余裕が出て来たんだよね。

それでいて中旬以降だろうと予測してたのに
シフトが出たらすぐさま夜勤が入って来たんで
不安がってる暇も無かったしねぇ。

ってことで自分でも驚くくらいに不安もなく迎えた。
一番の不安は翌日のシクライブだったくらいだし・・・(笑)

ま、2回目までは教育係が付くし、
その分だけ1人多いから本来の夜勤より楽だろうし
周りもはじめてってことでフォロー態勢だから
本当の大変さはこれから知っていくんだろうけどね。

でも、どうにかこうにか16:30〜09:30っつー
激動とも思えた夜勤を無事に終えることが出来たよ。

日中だってちょっと当て方が悪いと漏れるのに
尿量も増える夜だけにオムツの漏れも気になってたけど
(漏れると他の夜勤者に迷惑掛けることもあるし)
仕事に関しては割とハッキリと言う上司からは
「(教育係の)●●さんに手伝ってもらった?」と疑われたほど
「新人としては上出来」と評された。

ま、誰にもそう言ってるかもしれないけどさ。
でも、そんな風に疑いを持ったらキリがないでしょ。
だから俺はその言葉を信じたいし、
本当にそう思ってもらえるように頑張るのみ。

プレッシャーな部分もあるけど、
すんごい期待されてるのが分かるんだよね。
「異例の早さ」と言われてる介護福祉士の資格を所持してる
俺より1ヶ月速く入ってる人と同じペースだし。
その後に入った資格所持者はもっとスローなのに。

でも、それをプラスに捉えよう。
まずは側近の目標としては夜勤独り立ちだ!
comments(0)    trackback(0) 修正
2012/02/03
「死」について考える

本日2個目の記事。

この仕事を始めた時に医者や看護師を意識したし
いずれは体験することを避けて通れないと思ったけどね。
決して慣れてはいけないことだけど
目の前には生きた利用者がいるんだもの。
いつまでも引きずってもいられない。

だけど、しばらくは受け止め切れずに
葛藤するんだろうなって。

俺の初出勤日の早朝に転倒したらしく
顔が「おいわさん」状態になってた俺の担当ユニットのある利用者。
歩行が不安定だけど多動で施設で一番の要注意人物として
皆で協力しながら常に目を離さないようにしてるんだけど
数日前の早朝にも転倒してやはり顔はおいわさん。

けど、それ以外の外傷も体調の変化もなかったのが
昨日の昼食時に突然の嘔吐。

その時はノロを疑って感染予防の為に徹底した処理をしたが
今日も起床時と午後に数回の嘔吐があって
転倒時に頭を打ってて、それから来る嘔吐じゃないかと
最終的には救急車が来るにまでなった…

遅番で職員の人数が少なくなってから動き出すと仕事にならないし
何度となくやきもきさせられて来たけど
憎めないんだよね。愛らしさがあるんだよね。

そんな利用者が見たことないほどぐったりしてた…
午後の嘔吐前にトイレに連れてった時なんて
囁くように「なんまんだぶ」「なんまんだぶ」と言ってて
その後に嘔吐を繰り返しただけに本当に怖かった…

生ある者はいずれ死を迎える。
これは運命であって避けて通れないし
対象が高齢者になればそのリスクは更に高いと分かっていても
担当ユニットの利用者は俺が最初に馴れ親しんだ人ばっかだもん。
何かあったら自分の祖父母並に辛い…

異常もなく、元気になって1日も早く戻って欲しい。
そして、戻った暁にはこれまで以上にコミュニケーションを取りたい。

その分だけ「その時」が来たら辛いとは思うけど
「もっとああしとけば良かった」
って後悔はしたくないしね。

今日は「1日」の大切さを感じさせられた。
今日は元気でも明日には急変することあるかもしれない。
だから「今日できること」は今日やらないと。
そして明日が来ることに感謝。

そんな日々を送ろう。
comments(0)    trackback(0) 修正
鬼になる

おら、仕事の鬼になるだ(´▽`*)

てなわけで、施設の節分行事で鬼役をやってきたヽ(´▽`)/

先月の半ば頃かなぁ。
仕事を終えて寮母室に戻ったら課長プラス数人が
「あ!いい人がいた!!!」
と突然言うから何かと身構えたらすかさず
「鬼になって♪」
だと。

まだまだ節分を意識する時期じゃなかったし
最初は何かと思ったさ(苦笑)

それからというもの、あれよあれよと
ドラさんの鬼化計画が進んでた(苦笑)
ある時は「全身タイツ持ってませんか?」と聞かれたし(爆)
てか、「持ってますよ♪」と答えたら相手も自分で聞いたクセに引いただろうね(笑)

そんなわけで白い肌着が用意されたけど
同じタイミングで赤い衣装を自ら用意したりなんかして
「やる気満々じゃん」みたいなことを思われたり(笑)
パソコン関係の仕事をしてたからとポスター作りを頼まれ
先撮りした鬼姿の俺の写真入りポスターを自ら作ったり(笑)
しかも変に凝り性な性格が災いしてサービス残業してまで作ったし(笑)

始まる前から色んな人に笑われまくったさ(苦笑)

更には本番は本番でヅラが予想外に暑かったし
中途半端な方が恥ずかしいからなりきってた為に汗だく(笑)

その甲斐あって!?
施設内でも1、2を争うほど勝ち気だし、口の悪い利用者が
今にも泣きそうな顔して
「おっかねーよ!」「許してくれよ!」
なんて叫びまくってるから豆より威力絶大。
鬼姿で抱腹絶倒してたさ(笑)

普段から「乙女」な面を持ってる利用者は
泣きながら豆を投げてて抱きしめたくなるほどだったし(笑)

と、通常業務以上に疲れたけども(苦笑)
「良かったよ」「過去一番リアルだった」等、
職員からの労いが救いだった。
これでも「真面目」で通ってるからギャップがスゴかっただろうしな(笑)

ただ…

しっかりしてる利用者は「●●さんでしょ?」と尋ねてきたり、
戻ったら「ご苦労さま」なんて言われて
お面以上に赤面させられたりもしたけどな(苦笑)
comments(0)    trackback(0) 修正
2012/02/02
向上心

を工場で作って貰って来な(´▽`*)

ちょっと前に電話のことで軽く愚痴っちゃった同期ちゃん。

前々から自分のユニットのリーダーに嫌われてるかもしれないと
俺にも話してはいたんだけど俺から見てそのリーダーも
すんごい仕事熱心だから例え私的に思うことがあっても
仕事に持ち出すことは絶対にしないと思うし
「そんなことないよ」的なことは言い続けてたんだけどねぇ…

でも、俺以外の職員にもこぼしてたらしく心配して
そのリーダーに内容を話した人がいるらしい。
そんで直接「そんなことないよ」と言われたらしい。

それに対して
「もうダメかもしれない」
「告げ口する奴がいる」
だと。

そもそも指導や注意されることで嫌われてると
被害妄想を抱くこと自体がどうかって話でしょ。

だからその都度「認められたかったらやる気をアピールしたらどう?」って
アドバイスしてきたし、本人もその気になるのに
実際は「他の人が先にやっちゃう」と自分は何もせず…

嫌われてるかもしれないってことに対して
「助けて」とまで言われたけれど
指導や注意をしたら嫌われてると取られ、
その誤解を解こうとしたら「もうダメだ」と更に落ち込む。
俺ならそのリーダーこそ「助けて」って感じだと思う(苦笑)

俺だって注意をされて凹むことはある。
入った時から同期ちゃんに同じ匂いを感じたくらい自信なんてない。

でも、経験が無かろうとこの仕事を選んだのは自分。
認められるまでがむしゃらにやるしかないでしょ。

つーか、自分の非は一切認めずして相手を悪く言ったり、落ち込む人を見ると
そのぬるま湯に浸かってるっぷりにイライラする(汗)

仕事上でも必死にやってることが伝われば
終わらない時は周りが助けてくれるもんだしね。

今年の俺はジュビロと共に必死マンヽ(´▽`)/
comments(2)    trackback(0) 修正
2012/02/01
深イイ夫婦

やっぱ長年連れ添った夫婦って特別な存在何だな。

俺の担当ユニットのある利用者。
声を発することも皆無に等しいし、
笑うのはもちろん、表情もほとんど変わることがないが、
旦那さんがショートステイ(説明は省くけど)を利用するらしく
ある職員が「嬉しいですね〜」と問い掛けてたら頷いてた(笑)

そんな話を別の職員にしてたら頻繁に面会に来るけど
ヘルパーさんと来ることもあるから嫉妬するらしいことや
面会中はずっと手を繋いでたり、帰る際はホッペにチューしたりと
この夫婦だけでも強い繋がりを感じてたのに
併せてこんな話も聞いた。

先日も書いた胃ろうをしているその利用者。
前者以上に状態は良くなく、入浴時以外は常にベッド上。
そんな利用者に旦那さんが面会に来た時に
「なぁ?何か喋ってくれよ」と話し掛けていたらしい。

その上で
「そっか。まだ怒ってるから口きいてくれないのか。悪かった。許してくれ」

と言ってたらしい。

元日活の映画スターかっ!ってほど粋なセリフだよね。
若かりし頃の楽しかった日々の再現は出来なくても
この2人の間だけではなされてるやりとりがありそうだよね。

これを聞いた時、すんごい感動したよ。

我々はただの介護士であって医者ではないし、
ただの老人ホームであって病院ではないから
状態を維持させられたら御の字。
医療行為によって状態を良くさせることは出来ないし、
「最期を迎える場所」という位置付けではあるけど
笑うことが健康に繋がるみたいな実証があるように
利用者本人はもちろんだけど、家族等にもちょっとでも長く、
そして沢山笑ってもらえるような環境は作りたいよね。

そう思わせてくれた深イイ夫婦2組のお話。
comments(0)    trackback(0) 修正
   

+ pplog 3.27 +