研修 | 【TOP】 | 向上心
研修 | 【仕事】 | 向上心

2012/02/01
「深イイ夫婦」
やっぱ長年連れ添った夫婦って特別な存在何だな。

俺の担当ユニットのある利用者。
声を発することも皆無に等しいし、
笑うのはもちろん、表情もほとんど変わることがないが、
旦那さんがショートステイ(説明は省くけど)を利用するらしく
ある職員が「嬉しいですね〜」と問い掛けてたら頷いてた(笑)

そんな話を別の職員にしてたら頻繁に面会に来るけど
ヘルパーさんと来ることもあるから嫉妬するらしいことや
面会中はずっと手を繋いでたり、帰る際はホッペにチューしたりと
この夫婦だけでも強い繋がりを感じてたのに
併せてこんな話も聞いた。

先日も書いた胃ろうをしているその利用者。
前者以上に状態は良くなく、入浴時以外は常にベッド上。
そんな利用者に旦那さんが面会に来た時に
「なぁ?何か喋ってくれよ」と話し掛けていたらしい。

その上で
「そっか。まだ怒ってるから口きいてくれないのか。悪かった。許してくれ」

と言ってたらしい。

元日活の映画スターかっ!ってほど粋なセリフだよね。
若かりし頃の楽しかった日々の再現は出来なくても
この2人の間だけではなされてるやりとりがありそうだよね。

これを聞いた時、すんごい感動したよ。

我々はただの介護士であって医者ではないし、
ただの老人ホームであって病院ではないから
状態を維持させられたら御の字。
医療行為によって状態を良くさせることは出来ないし、
「最期を迎える場所」という位置付けではあるけど
笑うことが健康に繋がるみたいな実証があるように
利用者本人はもちろんだけど、家族等にもちょっとでも長く、
そして沢山笑ってもらえるような環境は作りたいよね。

そう思わせてくれた深イイ夫婦2組のお話。

ドラの楽天room」roomからの購入はポイント2倍!!
Trackback  【修正

:: trackback ::

:: comment ::

name ::
mail ::
home ::
comment :: 文字装飾 グラデーション 絵文字

:: pplog ::