TOP
昇順 / 降順
2016/12 diary
2016/12/31
ももいろクローバーZ/第二回 ゆく桃くる桃 〜年またぎ笑顔三昧〜

ももいろクローバーZ/第二回 ゆく桃くる桃 〜年またぎ笑顔三昧〜

に行って来ました〜♪

いやぁ、前日からいろいろありまして。
最悪、行けないことも覚悟・・・
いや、そんなん絶対嫌だったけど
帰るまで何が起きるか分からない状況で
本当に心臓に悪い一日だった(苦笑)

けど、無事に定時から30分経過で退社。
そのままシャワーを浴びに帰ることもせず
まっすぐ向かって会場に着いたのが19時。

開場1時間前だし、大丈夫だろうと
思ってたのに・・・
一番欲しかった杏果のお守り売り切れorz

しゃーないからタオルだけ買って
テンションダウンのまま入場列で
震えながら並ぶこと1時間。

ドキドキの発券で見た席は
1階20列来たーっ!!!
この会場は本当に「ホール」としては
非常に大きいから2階、3階は
「天界」に匹敵するんだよね。

だから1階ってだけで嬉しいのに
前方に当たる位置で端っことは言え
テンションも復活してひたすら
開演まで待つこと2時間。

遂に開演!!!

と、思ったらゾロゾロと芸人たちと登場。
そのまま1時間以上に及ぶトークコーナー。

ん〜。
「カウントダウン『ライブ』」だよねぇ?
「トークライブ」じゃないよねぇ?

当然のごとく100%ももクロなライブを
期待して来たし、カウントダウンってことで
スッペシャルなセトリだとも思って来ただけに
正直、すんごい拍子抜け。。。

この1時間はそれまでの3時間以上に
長く果てしない時間だった。。。

そんなこんなで23時過ぎにようやく
待ちわびたライブスタート!!!

それで興奮し過ぎた?
ももクリで買ったサングラスをオデコに
つけてたのに登場の瞬間に
サイリウムが当たってどっかに
飛んでったwww

嗚呼、漱石ツインズ。。。orz

踏まれたらアウトだし
ライブもそぞろに周辺を探すも
見つからずライブに集中出来ず(涙)

ま、途中で諦めて開き直ったけどw

総評的には1時間のライブとしては
濃密なものだけど先にも書いたように
「カウントダウンライブ」という
スペシャリティーを期待して来ただけに
モヤモヤは残ったかな。
自己紹介すら省略Verだったし。

って、贅沢だよね(汗)
おそらく倍率からしたら相当なモンだったろうし
ドーム・スタジアムでばっかり見てきたのが
ホール規模、しかも肉眼で顔まで見えちゃう
ポジションで見られることが喜びだよね。

よしっ。
この勢いで迎えた新しい年。
絶対にいい年にすんぞっ!

overture
M01:猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
M02:全力少女
M03:ゴリラパンチ
M04:仮装ディストピア
M05:ザ・ゴールデン・ヒストリー
M06:真冬のサンサンサマータイム
M07:コノウタ
M08:行くぜっ!怪盗少女
M09:未来へススメ!
M10:DECORATION
M11:青春賦
M12:今宵、ライブの下で
M13:走れ!
comments(0)    trackback(0) 修正
2016/12/30
さよなラシーン

これは年内中に書いとかないと。

冬眠期間中にあった大きな出来事。
そのうちの一つに「惜別」があります。
愛車との。。。

今年の8月。
よりにもよってシフト作成ですんげー帰りが遅い
しかも「桃神祭」直前の浮かれた時期に
もはや何度目か数えきれないけど
自宅の目と鼻の先で急に車が止まり
うんともすんとも言わなくなり。。。

でも、これまでもなんだかんだ言っても
可愛くてしゃーなかったし
修理をしてでも乗り続けること17年。
本当にその間にいろいろありました。

って、当然だよね。
人生の半分近くを共に過ごしてるんだし。
だからこそ離れられなくもなってるし。

けど、タイミング的にお盆直前ってこともあり
修理にも難を要するし
なんとなーく、その反面で憧れ続けて
15年以上も「乗りたい」と言い続けた
Newビートルの価格を調べてビックリ。
後継こそ出ているものの製造中止されてるじゃん!

・・・。
買うなら今?

結局、「コレ」が大きなきっかけとなり
故障から5日目くらいかな?
現物も見ないまま契約してました。。。(汗)

でもね、憧れ続けた黄色のNewビートルの
オーナーになれた喜びなんかよりも遥かに
ラシーンをお別れする辛さの方が強くって
前夜は悶々としていたし
当日も業者が引き取りに来た後も
「最後にもう一目見たい!」と
リアルに後を追ったしね(汗)
結局、見れぬままお別れしたけど。。。(涙)

あれから4ヶ月。
未だに慣れません。
「運転に」とかではなく自分が
Newビートルに乗ってることにね。
今でもラシーンの方がしっくり来るし。

しかも、買った中古車屋があまりにいい加減で
何もかもが負の感情のままオーナーになったしね(苦笑)

でも、ラシーンがそうだったように
これから色んな思い出が生まれて
愛着も沸き、共に過ごすんだろうね。

さよならラシーン。
ウェルカムNewビートル。

さよなラシーン

これから末永くよろしくね♪
comments(0)    trackback(0) 修正
2016/12/23
ももいろクローバーz/ももいろクリスマス2016 〜真冬のサンサンサマータイム〜

行って来ました〜♪

ただでさえ行きたいライブ。
それが幕張メッセ開催と来たら尚更。
去年は軽井沢まで行ったしね(笑)
真冬のスキー場野外ライブ・・・(苦笑)

しかーし!

FCでは見事落選。。。(涙)
けど、どうにか一般でもぎとって
無事に参加出来ました♪(涙)

このライブ。
メッセはメッセでもイベントホールではないので
キャパが読めない。
しかも、スタンディングと指定の二種発売されたが
ステージ構造も全然読めない。
故に発券後も良い席なんだかどうなんだか・・・
結局、入場するまで分からないっつーね。

そんな俺の席はメインステージどサイド(汗)
まぁ、けどセンターステージが事実上のメインだろし
今年はドームツアーに日産スタジアムにと規模が
桁違いの会場ばっかだったから
それでも随分と近いけどね〜♪

しかも、ももクロライブでは定番だけど
トロッコもステージサイドに発見。
そうなるとステージサイドブロックの最前にいる
俺の目の前を通るじゃん(−□−;)

しかも、しかも、展示ホールをぶち抜いただけあって
ところどころに柱があって邪魔だと思ってたら
装飾されてる上に照明まで発見。

・・・ん?
ココもサブステージにしちゃう?
いやいや、こんな狭いし、何よりどうやって
ここまで来るんだ?

と、会場に入っても謎は多い。
とりあえずこの時点で分かっていること。


暑い(笑)


コンセプトからして暖房ガンガンは予測してたけど
Tシャツ1枚でも座ってるだけでじんわり汗ばむほど。

そんなこんなで開園するとファイヤーダンスにフラダンス。
ダンサーも多く、そのダンサーが柱を使った
サブステに来たから納得。

今はね。今の段階ではね。

ライブの方はと言うと2曲目にして
ようやく聴けた待ちわびた「ピンキージョーンズ」!
これには涙モノの感動・・・(/_T)

しかも、広瀬香美作詞作曲にして
冬にほっこりする「泣いちゃいそう冬」に
これまた大好きな「『Z』の誓い」と続き
既に汗だくで超ハイテンション!

そこに「きみゆき」「Believe」で
一息ついたと思ったら・・・

早速、トロッコ登場。
各席外周を回るかと思ったら・・・
柱のサブステに来ちゃったよ(−□−;)

しかも、夏菜子をセンターステージに残して
4人がそれぞれの柱のステージに向かったのだが
俺の超目の前にあるステージに登場したのは
俺の推しである杏果!(/_T)

テンション最高潮(笑)

更に続く曲が本編ラストやアンコールの定番「走れ」
これは俺がももクロを好きになる前から
RUNプレイリストに入れてた曲。
タイトルズバリだしね(笑)
「走れ」ではしおりんがサブステに登場〜♪

と、これだけでも大興奮だったのに
ハワイアンモチーフに相応しい高木ブーゲストの
ハワイアン調のアレンジ加えた曲を挟んだ後は・・・

メンバー5人揃ってサブステ回り!!!
しかも、去年も惜しいところでGET出来なかった
飴やらTシャツやらを客席に投げ入れてる!

これは是が非でもGETしたい・・・
こういう時に現役で運動してて良かったと
つくづく思うよね(笑)

そんな思いで俺の目の前のサブステージには
順番的にはラストに来るからドキドキかつ
身も心もウォーミングアップ万端だったけど
俺のところまでは届かず。。。(涙)

けど、メンバー全員で肉眼でくっきりなとこまで
来てくれただけでも十分過ぎるプレゼント☆

と思っていたら・・・

アンコールを待ってる間に周囲の客席をスタッフが
柵で封じてるからサブステージで満足しちゃってたけど
今度こそたった1mの距離の距離に来る!?

そんなアンコール2曲目。
「僕等のセンチュリー」。
メンバー全員を乗せたトロッコが来たーっ!!!

アンコール前にサイリウムは4本持ちして
もちろんすべて緑にして準備万端(笑)
名前も叫びまくってモーレツアピール(笑)

そしたら杏果が気付いてこっちを見て
投げキッスしてくれた〜(/_T)

こういうの見るとよく「勘違いだよ」とか
冷めたこと思ってたけどももクロの場合は
会場がデカいだけになるべく多くの人の
近くに行ける演出がされてること多いし
こういうやりとり結構あるんだよね。

と、この時点で第三者に見られたくないほど(笑)
針を振り切っちゃってるのに続く曲が
杏果のフューチャー曲にしてライブのアッパーチューン
「ゴリラパンチ」と来たもんだから俺得過ぎる(涙)

本当は二日間とも行きたかったけど
仕事の関係でチケットの当落以前に断念したし
やっぱりもう一日行きたくなるほど楽しかったけど
最高に満喫して来たし悔いはない!

しかし、アイドルは昔から好きだったけど
ライブでは一歩引いたとこから見る感じで
熱狂してる人たちを引き目に見てたのに
気付けば自分もその一味に・・・(苦笑)

でも、それってさらけ出せずにいただけで
「好き」って気持ちがある以上は
願望は無いわけではなかったんだよね。
もっと言えば自分には出来ないから
羨ましいという思いもあって
半分はジェラシー的な意味での引き目で。

けど、ももクロのファン層が幅広かったり
今までアイドルなんて見向きもしなかった人まで
引き込んでるのはメンバーもファンも全力なところ。
そういうところにあるんだよね。
踊るの全力。歌うのも全力。
そして、バカをやるのも全力(笑)

だから、普段は紳士・淑女(笑)な人たちも
我を忘れて熱狂出来ると。
そして、色んなものを発散してまた頑張れると。

とっても単純構造だけど案外難しいこと。
でも、小難しいこと考えずに熱狂しちゃうんだなぁ・・・

ももいろクローバーz/ももいろクリスマス2016 〜真冬のサンサンサマータイム〜

M01:DECORATION
M02:ピンキージョーンズ
M03:泣いちゃいそう冬
M04:「Z」の誓い
M05:きみゆき
M06:Believe
M07:ザ・ゴールデン・ヒストリー
M08:走れ!
M09:CONTRADICTION
M10:白い風
M11:サンタさん
M12:メレ・カリキマカ(ハワイのクリスマスソング)
M13:スターダストセレナーデ
M14:コノウタ
M15:行くぜっ!怪盗少女
M16:真冬のサンサンサマータイム
M17:ココ☆ナツ
M18:ROCK THE BOAT
M19:SECRET LOVE STORY
M20:ツヨクツヨク
M21:一粒の笑顔で
M22:JUMP!!!!!
アンコール
overture
EN1:空のカーテン
EN2:僕等のセンチュリー
EN3:ゴリラパンチ
EN4:今宵、ライブの下で
comments(0)    trackback(0) 修正
2016/12/12
16時間夜勤と8時間夜勤

医療・福祉職ネタを。

「夜勤」と一言で言っても実は様々で
準夜勤・深夜勤等々と呼ばれる
8時間労働だけど時間帯が異なる場合、
労働時間が異なる場合とがあります。

自分が普段行ってる夜勤は16時間夜勤で
拘束は16:30から翌日の9:30の18時間で
間に2時間の休憩があります。

要は1回の出勤で2日分働くことになり、
「夜勤明け」と呼ばれる翌日は出勤扱いとなるのです。
なので自分の場合はそのままライブに行くこともあるし
夜勤明け翌日は基本的には休みだから
仮眠を取ってから飲みに行くこともしばしば。

で、8時間夜勤はと言うと
21時や22時頃から翌日の6時や7時までの勤務で
間に1時間の休憩を挟む8時間勤務で
翌日は公休扱いになるのです。

ここがネック。

16時間夜勤のメリットとしては
夜勤明けが自由に過ごせる、翌日が休み等。
反面でデメリットとして1回の勤務が長く辛い、
1回の夜勤が2日分の労働に値することから
日勤帯の職員が少ない等々。

8時間夜勤のメリットとしては
1回分の勤務が短く楽、日勤帯の職員確保が可能等。
デメリットとしては夜勤明けが公休扱いになるから
翌日の勤務がきつい。早番・遅番の始業・終業の時間等々。

ま、結局は好み・生活リズム等の問題もあるんだけど。

いきなりナニかっつーと今宵はお試し的なものだけど
初めて8時間夜勤を体験するのです。

始業は22時。
だから昼間はフツーに走ってきたし、
私用も済ませて来たし。夕飯も食べた。

もはやこれから出勤ってモードじゃないけど・・・(笑)

どうなんだろね。
日中の人員確保等の面では8時間夜勤は有効だし
どんどん16時間夜勤から8時間夜勤制に変わる
施設も出て来てはいるけど。

夜勤明け=公休の明日と明後日がどうか。
その辺がポイントだよね。

もっとも今日は新人もどきのサポート的な感じで
何かあったら現場に入る程度で
普段、業務後にサービス残業でやってる事務仕事を
悠々自適にやれるからお気楽なんだけど♪
(朝だけは残業扱いで現場に入るけど)

・・・逆に眠くなって辛いかな?(苦笑)

でも、16時間夜勤を経験していると
1ヶ月の勤務時間としては同じなのに
公休が減った感覚に陥るとは思うけど
年齢を重ねるのと比例して16時間夜勤は
辛くなっていくと思うし、ただのお試しで終わるか
身を持って良いと感じたのなら何らかのアクション起こして
変えていくのもアリだよね。

そんなことも思いながらそろそろ準備しよっかな。
まずはコーヒーを落とそう♪
comments(0)    trackback(0) 修正
2016/12/11
GOMES THE HITMAN/ “猫町オーケストラ vol.17 - meow, stove and candlelight”

GOMES THE HITMAN/ “猫町オーケストラ vol.17 - meow, stove and candlelight”
活動再開後の猫町はこれが初。
ってことは「猫町オーケストラ」としては約10年ぶり?
毎年恒例だったし、それだけの月日が流れたことに驚き。

そんな今日のライブはホームの恵比寿天窓Switch。
再開後にSwitchでGOMES見るのも初。
個人的には「スタパ」よりも好きだな〜♪
通い慣れたのもあるし、ガーデンプレイスの
バカラのシャンデリアと「夜の科学」「猫町オーケストラ」で
12月の到来を感じてきたしね。
GOMES THE HITMAN/ “猫町オーケストラ vol.17 - meow, stove and candlelight”

そんな今日のライブはいきなり「立ってください」との発言で
GOMESでは珍しいオールスタンディングに!
しかも、「饒舌スタッカート」→「雨の夜と月の光」
そして、「街をゆく」とこの3曲だけでも来た甲斐あり。

その後も「GOMES THE HITMAN」名義であり
マイベストにも入れてた曲の連発に感激しまくり。
特に「keep on rockin'」「言葉はうそつき」「7th avenue」は
再び立ち上がりたいくらいにウズウズ(笑)

そんな感情もありつつ、
20代の頃は病的なまでに聴いてたからね。
だから当時のことを思い出したり
今の生活との比較をしたりで
甘酸っぱい気持ちになったり・・・(笑)

ん〜。まだどこか4人でのライブが
信じられないっていうか。
夢を見ているかのような感覚なんだよね。
あるいは当時を振り返っているかのような。

けど、今日のライブでGOMES名義での
アルバム制作の話も出た。

いやぁ。現役で活動してるんだよね。
続いていくんだよね。

気付けばGOMESと出会って
12月の恒例のライブに通い始めて15年。
こうして毎年年末感謝祭的に
アットホームでピースフルなライブに
参加できることがつくづく嬉しい。

やっぱりこのバンドが大好きだ♪

1.饒舌スタッカート(『饒舌スタッカート』)
2.雨の夜と月の光(『rain song ep』)
3.街をゆく(『new atlas ep』)
4.僕たちのニューアトラス(『new atlas ep』)
5.さよならは続く(堀越和子『虹』)
6.スミス(山田稔明『pale/みずいろの時代』)
7.keep on rockin'(『cobblestone』)
8.言葉はうそつき(『cobblestone』)with 杉真理
9.午後の窓から(『cobblestone』)with 杉真理
10.7th avenue(『cobblestone』)with 杉真理
11.緑の車(『maybe someday ep』)with 杉真理
12.(Nothing’s gonna change)lovely days(村田和人新曲)with 杉真理
13.WAVE(杉真理『POP MUSIC』)with 杉真理
14.愛すべき日々(『omni』)
15.サテライト(『ripple』)
16.手と手、影と影(『ripple』)
17.拍手手拍子(『饒舌スタッカート』)
EN
18.churchbells ringing(SONG LIMBO vol.3 -christmas review)
19.brand new day brand new song(村田和人 カバー)with 杉真理
20.maybe someday(『maybe someday ep』)with 杉真理
comments(0)    trackback(0) 修正
2016/12/08
黒沢健一とドラ

報道から一夜明けましたが・・・

昨日、仕事中についていた「ミヤネ屋」の速報で
「黒沢健一死去」の文字を見て衝撃を受けて
そのまま数分間は仕事そっちのけで見入ってた。

黒沢健一と言えばまずは何と言っても「L⇔R」
当時「渋谷系」と部類されるアーティストの1組で
渋谷系の代表とも言えるオザケンやフリッパーズ好きとしては
「Hello It's Me」や「KNOCKIN' ON YOUR DOOR」から
当然の様に手を出し、迷わずアルバムへと進み
その中の1曲。
「DAY BY DAY」をヘビロテする日々を送ってたっけ。
当時はよくカラオケでも歌ったし。
それだけに未だに時々ふと無性に聴きたくなっては漁ったなぁ。



それから数年。
スピッツの田村さんやスパイラルの石田さんと共に
「MOTORWORKS」を結成。
これには速攻飛びつきツアーも1本だけじゃ我慢出来ずに
急遽更にもう1本行ったりしたっけ。

デビュー曲らしい疾走感ある「SPEEDER」も良かったけど
2ndの「MISSING PIECE 」はL⇔Rっぽさもある
ノスタルジックな感じが大好きでドハマり。
ライブに行く為につなぎまで買ったしね(笑)
メンバーの衣装がつなぎだったからね。
こちらも毎年秋が来ると必ず聴いていた曲。

そんなんだからソロになってからもライブ情報を見ると
「一度ソロでも見てみたいなぁ」なんて思ってたのに・・・



48歳て。若過ぎでしょ。
森高の「気分爽快」等々、提供曲の方でも
馴染みあったしね。
永作博美とか。Melodyとか。
90年代アイドル万歳な俺だもの(笑)

惜しいよなぁ(泣)
残念だよなぁ(泣)

真面目な好青年的風貌ながらライブでの豹変(笑)
ソフトで温もりある声と熱いパフォーマンス。
もう一度見たかった。。。

プラチナムベスト L⇔R
プラチナムベスト L⇔R

BRAND-NEW MOTOR WORKS
BRAND-NEW MOTOR WORKS
comments(0)    trackback(0) 修正
2016/12/07
ももいろクローバーZ 桃神祭2016-鬼ヶ島-

今一番欲しかったDVDが遂に出るっ!(≧∇≦)

これまでも興味ありつつも職場で一番大きな
行事とほぼカブってるから諦めて来たけど
今年ようやく参加することが出来た桃神祭。

特に2日目は神席でモノノフの多くが憧れる
キャノン砲での水を浴びただけでなく
メンバーが放つ水も2人から顔面に受けれて
尋常じゃない興奮しまくりーっ!(笑)

それだけに早く見たかったよ。・゜・(ノД`)・゜・。

あと2ヶ月。
待ち遠しいけどももクリにカウントダウンに
いろいろ予定ギッシリだし我慢、我慢。

でも、早く観たいーっ!(≧∇≦)

ももいろクローバーZ 桃神祭 2016 ~鬼ヶ島~ LIVE DVD ももいろクローバーZ 桃神祭 2016 ~鬼ヶ島~ LIVE DVD ももいろクローバーZ 桃神祭 2016 ~鬼ヶ島~ LIVE DVD
ももいろクローバーZ 桃神祭 2016 ~鬼ヶ島~ LIVE DVD
comments(0)    trackback(0) 修正
2016/12/03
広瀬香美/香美別邸 2016 Vol.9 〜ピアノ弾き語りライブ〜

広瀬香美/香美別邸 2016 Vol.9 〜ピアノ弾き語りライブ〜
行って来ました〜♪

前職時代は毎冬欠かさずどころか名古屋や神戸まで
遠征してたほど大好きな歌手の一人。

しかし、転職後は自由が利かなくなってたり
年々マラソンも本格化し出してONシーズンだったりで
今回も2シーズン振りとなりました。

ちなみにその2年前の「香美別邸」はなんと!
地元君津!!!
しかも最前列ど真ん中っつースペシャル((((;゚Д゚)))))))
本当に幸せ過ぎた時間だった〜。・゜・(ノД`)・゜・。

話は戻って今回。
やはり希望休は使えなかったし諦めてたけど
夜勤明けとカブる。

けど、いつも昼過ぎまで仕事してるし
何よりも厚木で15時開演。
行ける保証も無いからやっぱり諦めてたけど
2日前にライブモニターの募集があったから
「これなら最悪行けなくても・・・」と応募したら当選♪

しかも、無事に即刻脱出出来て無事参加ってな運び。

ここ数年の「香美別邸」は大都市ではなく
地方都市を回る感じになってるから
初めてライブを見る人も多い雰囲気なんだよね。

ほら、君津もそうだけど田舎って芸能人が来ると
UFOでも出たかのような騒ぎになるからさ〜(笑)

そんなわけで最初の内は
「どんなライブなんだろ?」ってな緊張感に加え
「香美別邸」はピアノ弾き語りだから厳粛な空気感もある。

しかし、さすがですな。
冬の女王マジック(笑)

トークでドッカンドッカン笑わせて場の空気を和ませて
歌とパフォーマンスで聴き入らせて徐々に徐々に
会場が惹きつけられていくんだよね。

で、最後は「地元に来たから」程度で来た人も
すっかり「ファン」になって帰って行くという・・・

セットリストはファンならずとも誰もが知ってる
冬の名曲たちはもちろんのこと
俺が一番大好きな曲「I Wish」もあり
笑いあり、笑いあり、笑いあり、時々涙(笑)の約2時間。
一睡もせずに片道3時間かけて会いに行く価値あり。

やっぱり好きだなぁ。
この人の歌。
この人の歌声。
この人のトーク。
この人の自虐キャラ(笑)

こういう人のことを
「エンターティナー」
と言うのだろう。

ん〜。
やっぱり次のツアーも行きたいなぁ。

けど、ハーフのレースの後・・・
厳しいよなぁ。。。

<セットリスト>
1.青い冬ハジマレ
2.ストロボ
3.I wish
4.ブランケットプリーズ
5.A Song For Two
6.愛があれば大丈夫
7.Office30と広瀬香美音楽学校の社歌
8.クリスマスソングメドレー
(Santa Claus is Coming,Jingle Bells,White christmas)
9.promise
10.ゲレンデがとけるほど恋したい
11.ロマンスの神様
12.最高のエンディングを共に
13.DEAR

25th プレイリスト/ 広瀬香美
25th プレイリスト/ 広瀬香美
comments(0)    trackback(0) 修正
2016/12/02
逆境こそがチャンスだぜ

マジ?


ももクロカウントダウンライブ当選!


あの日産スタジアム2Daysを埋める動員数だし、
キャパ5000でましてやカウントダウン。
プラチナどころの騒ぎじゃないっしょ。

でも、妙な自信あったんだよね。
根拠のない自信だけど。

でも、でも、ももクリの落選やシフト職としては無謀に近いのに
少々無茶すりゃ参加可能なシフトが組まれたこと、
仮のシフト完成とエントリー締め切りがカブったこと等、
すべては当選の為のお膳立てだと思ってたし(笑)

それに「え?」ってなとこでコケるクセして
「えーっ!!!」ってなとこで結果を出すこと
我ながら多かったりするしね。

ももクロだけで言えば今年落選したのは
ドームライブの打ち上げの追加公演とももクリのみ。

それも打ち上げは本公演は当選してるし、
ももクリだって一般でGETしてるしね〜♪

更にはこちらもプレミア化した個人的には
是が非でも行きたかった杏果のソロコンも
難なくGETしたし!

いやぁ、10月・11月はマラソンに専念すべく
ライブはももクロに限らず全面ストップしてたけど
年末に押し迫ってからBIGなライブに立て続けに行けて
メッチャ嬉しいわぁ。今年頑張った甲斐があるわぁ。

元日は夜勤だから少しでも寝とかないと辛いけど
無事会場近くで格安のカプセルホテルもGET!

これまた嬉しい!

同じパシフィコでは福山雅治が、
横浜アリーナでは桑田佳祐がカウントダウンしてて
カオス化してる横浜界隈なのにね。

今年も残り1ヶ月。
これをバネに仕事にマラソンにラストスパート!!!
comments(0)    trackback(0) 修正
   

+ pplog 3.27 +