TOP
昇順 / 降順
2016/11 diary
2016/11/29
テニス

冬眠中の変化についてもう一つ。

テニス始めました♪
ってよりは再開のが等しい?

元々、中学時代は軟式テニス部だったけど
高校の体育で硬式テニスを経験したら
軟式のクセが抜けずに苦労したから
「テニスするなら軟式♪」とか思ってたけど
大人になると軟式テニスする機会なんて皆無。

だから10年位前にテニス経験者と出会ったのを機に
「月1ペースでやろう!」と盛り上がったから
ラケットも新調して実際に何度かやったのが
スケジュールが何回か合わないまま自然消滅(苦笑)

それ以来、車のトランクで眠り続けてたんだけどねぇ〜
ひょんなことから職場の人たちがやってるサークル的な
テニスに半年前から参加してるのです。

で、ようやく本格的に硬式テニスを始めたものの
まったくの素人よりはさすがに出来るつもりだけど
やっぱり軟式のクセがあったり、ブランク長過ぎたりで
なかなか上達しない(´Д` )

俺が口利きして入った子が超上手いだけに
上司として立場ないし、余計に焦ってるわ(苦笑)

自分がプレーするスポーツとしては
唯一好きと言えるテニスだけに
もうちょっと上達して引け目を消したい(´Д` )

そんなわけで今日も行って来まーす( ´ ▽ ` )ノ
comments(0)    trackback(0) 修正
2016/11/28
レゴUSB

冬眠してた間も変わらずおもちゃ大好き♪( ´▽`)

過去にもレゴ関連の雑貨には食いついたり
実際に買ったりしてきたけども
これは実用的で可愛いから困っちゃう(≧∇≦)

LEGO レゴ USBメモリ ブロック フラッシュドライブ (16GB, レッド LEGO USBメモリ + ブルーブロック)
LEGO レゴ USBメモリ ブロック フラッシュドライブ (16GB, レッド LEGO USBメモリ + ブルーブロック)


レゴ 8GB USBフラッシュメモリードライブ ・ポリスマン

レゴ 8GB USBフラッシュメモリードライブ ・ポリスマン

鍵に付けとけばアクセサリ代わりになるし
いつでもフラッシュメモリが使えるし♪

ただ、残念ながら現在使ってるのがあるし
可愛いってだけで2つも持つのは我慢(>_<)

でも、やっぱり好きだ。
レゴ雑貨♪(´ε` )
comments(0)    trackback(0) 修正
2016/11/26
おばあちゃんの思い出

実のおばあちゃんではなく利用者の話ね。

数日前にある利用者が亡くなった。
その数日前に大分弱って来た様子が伺えたから
顔を出しに行こうとしたものの
「またでいっか♪」と後回しにしちゃったら
ほんの2〜3日後に出勤したら亡くなってて。。。

まだ家に帰る前だったから最期に顔は見れたけど
生きてる内にもう一目見たかっなぁ・・・と後悔。

っていうのもこの方。
4年前は自分がいたフロアに当時いた方で
何故だか俺のことを信頼してくれていて
よく「あんたにお願いしたいんだよ」と
介助の依頼をされたんだよね。

ま、他の人にも言ってたかもしれないけど(笑)

でも、可愛がってくれていたのは事実で
俺が移動した後も名前を覚えてくれてたし、
顔を合わせれば声を掛けてくれたし、
個人に特別な感情を抱くのは好ましくないけど
好きなおばあちゃんの1人になってたよね。

そうなると当然「別れ」は辛いものだけど
病院と違い、老人ホームは「治す」場ではなく、
「最期」を演出する場とも言えるからね。
亡くなる直前も苦しむことなかったらしく
受け応え明瞭で「大丈夫だよ」なんて言ってたのが
スーッと眠るように逝ったというのを聞いて
それはそれで良かったのかな〜って。

だって、この世に生を受けた者の共通意識じゃない?
「最期は苦しまずに逝きたい」って。
それに家族に看取られながらだったしね。
だから「良い最期」だったんじゃないかって。

告別式の日にご家族が挨拶に来たんだけど
たまたま近くにいたもんだから
その時に持参されたおまんじゅうを貰ったから
供養の意味も込めてその方のことを浮かべながら
頂いたんだけど甘くて美味しかったなぁ。

いろいろ大変なことも多いし、
つい顔から笑いが消えちゃうこともあるけど
このおばあちゃんが頼ってくれたように
まだまだ多くの人に信頼されるようにならなきゃ。
改めてそう感じた1日。

映画 おばあちゃんの思い出/ドラえもん [DVD]
映画 おばあちゃんの思い出/ドラえもん [DVD]
comments(0)    trackback(0) 修正
2016/11/21
人生を変えた出会い

あなたにはありますか?

先日とある講演を聞きに行った際に参加者が質問で
「人生を変えた出会いを3人教えてください」と言ってて。

んで、自分でも考えてみた。
けど、浮かんだのは2人だけ・・・

あ。他の出会いに対して
「別にオマエとの出会いは要らなかった♪」
とかでは無いので(笑)

しかも、2人の内の1人はオザケンだし(苦笑)

いや、今の音楽好きな自分の根底とも言えるし、
出会った時期は人生で最も暗闇の中にいたし、
大きな出会いに違いはないけれど
この質問に対する答えには値しなそうじゃん?(苦笑)

てなわけで唯一パッと浮かんだ人生を変えた出会い。
それは中学時代のテニス部の顧問のM先生です。

今の時代としてはスパルタな部類に入る指導方針で
それだけでも当時はしんどかったのに
「いい加減な奴はダメだ!」的なこと言いながら
有言実行されないことだらけだったのも不満だったし(笑)、
それより何よりもコレ。

先輩たちが引退するまではひたすら球拾いだから
同級生はサボる奴らがほとんど。
それに対して常日頃から宣言してたんだよね。
「練習に出ない奴は上手くても試合に出さない。
少しくらい下手でも練習に出る奴は試合にも出す」って。

自分は法事等々どうしても抜けられない用事があっても
済んだら1人だけ先に帰って来ても練習に出てたし
自画自賛ではなく確実に同級生16人の中で
一番の出席率を誇ってたのにある練習試合に行った際に
1人足りないから下級生から出すとなった時・・・
俺ではなく、その場にいた中でも一、二を争う
出席率の悪い奴が選ばれたんだよね。

その時に思ったよね。
「結局は実力主義だ」って。
「大人なんて信用出来ない」とさえ思ったし。

その出来事に深く傷つきながらもどうにか続けて
先輩たちが引退し、いざ自分らの出番となった夏。

休み中の練習でこっぴどく絞られまくりました。
それは被害妄想なんかじゃなく周りの同級生も
「オマエすんごいターゲットにされてるよね」と
同情やら激励してくるほどに。

その頃には「自信」なんて微塵もなかったよね。
そもそも例の練習試合の時に打ち砕かれてたし。

そして、運命共同体となるペアの発表の日。
これによってレギュラー取れるかも決まる。
絶対にレギュラーになりたくて球拾いしか出来なくても
誰よりも練習に出て来ただけに怖かった。
本当に怖かった。
「出来損ない」のレッテルをいよいよ貼られるんじゃないかって。

で、次々に名前が読み上げられていく中、
最後まで俺の名前を呼ばれることは無かった。。。

過去、どんなにセンスが無いような人でも
ペアを組んでレギュラーを争う権利を持ってたのに
俺にはそれすらも許されないのか。

本当に目の前が真っ暗になって
すぐにでもその場を立ち去りたかった。

けど、それは単なる呼び忘れと判明(苦笑)
俺はいわゆるエース候補の1人と組むことになった。

本当に嬉しかったよね。
初めて認められた瞬間だったし。
その先生にはもちろんのこと、
何の取り柄も無かった人生においても。

もちろん、悔しさをバネに歯を食いしばって
頑張った成果でもある。

けど、そんな強さも含めて、
この先生には大事なことを教わった気がするし、
人間形成の基本になったと思ってる。
マラソンを始めてから再びそう思ったし。

3年に上がる前に移動になってからずっと
感謝の気持ちを伝えたかった思いがあったし、
大人になってからは飲みたいと思って来たけど
もう定年しててもおかしくないと思うと
再会の機会を願ってやまないよね。

ホントいい加減だったし、
ひたすら怒鳴り散らすだけの人だったけど(笑)

でも、俺にとって人生を変えた出会い。
comments(0)    trackback(0) 修正
2016/11/14
5周年

本日転職丸5年です。

ん〜。早いね。
その一言に尽きるよ。

職種にしろ、役職にしろ、
兎にも角にも初めて尽くしで本当に大変で
何度辞めたいと思ったことか。。。

特に今年の2〜3月辺りはピークだったかも。
なんとなく検索した転職情報の中に惹かれるものがあって
ガチにエントリーしかけたりもしたしね(苦笑)

でも、そんな思いに相反してまた一つ責任が増えて
「辞めたい」と思ってる暇も無かったとも言えるけど
「挑戦」や「成長」の1年でもあったとも言えるし
ナンダカンダで5年が経ってた。
ってな感じ(苦笑)

ま、「一介護職員」としても疲弊を感じてたけど
最近少しゆとり出て来て結局は思ったりもするしね。
「大変ではあるけど悪い仕事じゃない」って。

コレ書きながら一つの光景を思い出したぞ。

2016年7月3日(日)
有安杏果ソロコンサート
㏌ 横浜アリーナ


(笑)

いや、事前に発売されてたパンフレットを読んでたから
子供のころから歌やダンスに賭けてきた思いや
ももクロとは別に「ソロ」への思いや
このライブに向けた長期に渡るセルフプロデュースの数々に
「好きなアイドル」としてではなく一社会人として感動してね。

華やかなだけではなく辛く厳しい世界。
けど、そこに夢を持って、追いかけて。
泣き虫なのに、たった一人で挑んで。
「泣かない」と決めてラストのこの曲を歌い切るまでの
あの堂々とした姿。凛としてたなぁ。

自分もそうありたいから5周年を振り返り、
これからの5年を思い描きながら、
この曲を聴いとこっと♪

とりあえず心機一転、初心に戻って、
たくさんのプレゼントを贈れるように頑張ろっと。

むむっ。
ソロコンのぴったり5年前の映像。
あの日と対比するのも感慨深いね。
この5年はももクロ大驀進だったし♪



「ありがとうのプレゼント」 有安杏果
うまく出来る自信が あればあるほどダメで
空回りの連続が 雨を降らせる

お願い あと一歩だよと 言い聞かせても
冷たい向かい風たちが邪魔するの

強くなるのに 必要なものって
マイナス要素たっぷりの 涙の多さね

大丈夫 大丈夫 周りを見てよ
みんなひとりじゃないね
ありがとう それだけで 明日は変わる
だからいつも 笑って言いたいね

何が正解なのか 分からなくなることも
この空には雲なんて ひとつもないのに

夢は叶えられるって 信じていても
都会の雑音にのまれ見失う

勝ち進むのは 難しいけれど
負けだと認めないことが 次へとつながる

いつだって いつだって 前を向こうよ
下も後ろもナシね
その一歩 それだけで 未来は変わる
だから今は 前に進まなきゃね

大丈夫 大丈夫 周りを見てよ
みんなひとりじゃないね
ありがとう それだけで 明日は変わる
だからいつも 笑って言いたいね

いつまでも いつまでも ここにいたいな
夢を見せてあげたい
私から あなたへと 届けたいんだ
未来変える たくさんのありがとう


ココロノセンリツ♪/有安杏果
ココロノセンリツ♪/有安杏果
comments(0)    trackback(0) 修正
2016/11/13
ももク論

冬眠してる間に「Free Spirits」的な一番の出来事と言えば・・・

ドラさん。
まさかのモノノフになる。
ですかね(笑)

存在自体はブレイク前から知ってたけどその頃には
「現役」アイドルには興味薄れてたしね。
だから「紫が一番美形だな〜」とか「ピンクがアイドル映えする」とか
思った程度で特に感情は無し。
他のメンバーに至っては印象すら無かったし(苦笑)

それから数年。
大ブレークを果たし、特にライブの動員に至っては尋常ではなく
ライブ好きとしては「どんなライブするんだろう?」と興味を持って
動画検索をして初めて見たのが2012年の西武ドームライブ。

その昔、「西武ドームでは美里ライブ以外見ない!」と
イタイくらいのことを言っていたほど俺にとっては聖地的場所。
その会場でオープニングから感動の涙を流しながら
熱唱する緑の有安杏果の姿に心奪われ・・・

けど、それ以来「一度は行ってみたい」と思いつつも
ももクロのライブの主軸である春・夏・クリスマスはいずれも
職場の4大行事とカブっていて。。。

それが昨年夏。
プリプリの岸谷香と共に出演するイベントがあり、
日程的にも参加可能ってことで行ってみたら
ももクロ以上にモノノフの一体感に圧倒され・・・

しかも、これまでにもアイドルのライブには多数参加しているけれど
いわゆる「熱狂」っての?
自分を捨てきれず一歩下がったとこから見てるとこあったのに
初めてながら自分もその一味になってたんだよね。

なので翌日には即DVDを購入。
しかも、なんとなく手にしたDVDがももクロ史上に残るライブで
それが良かったのか・悪かったのかどっぷり浸かってしまい。。。
たった2〜3か月でDVDは10枚以上に増殖(苦笑)
仕事から帰ると毎日ハイボール片手にDVDを見る日々(苦笑)

そして、ライブ遠征は自粛していたはずなのに
軽井沢に名古屋にとももクロに限っては遠征解禁。
相変わらず走り出したら止まらないです(苦笑)

なんだろね。
こう言っちゃアレだけどずば抜けた才能を持ったメンバーが
いるかと言ったらそうではない。

けど、路上からスタートしてるだけにハングリー精神っていうのかな。
プロ意識が高いんだよね。
なのに、普段はその年頃の女の子の集団らしく
ワチャワチャワイワイとアホなことばっかりやってて
それを感じさせないという。

そういうギャップかな。
ONもOFFも全力みたいな。
そこにパワーをもらえるし普段は真面目に社会人・学生している
モノノフたちもスイッチをOFFにしてバカになりきれる的な。

元々ももクロファンには今までアイドルを聴かなかった人、
洋楽ばっか聴いてる人、相当上の世代の人etc・・・
他とは違う「何か」があるのを感じてはいたけれど
まさか自分までもがそこに踏み入れるとは思わなかったわ(苦笑)

でも、今の俺。この感じ。
悪くない・・・(笑)

comments(0)    trackback(0) 修正
2016/11/02
成功者は話し上手

せっかく3年間眠っていたモノに再び火を灯したのだから
新ブログの宣伝だけではもったいない♪

ってことで不定期更新をしていこうかと。

いや、昔取った杵柄っての?
前職での経験を生かしてかなり自分好みにカスタマイズしたしね。
色からフォントからデザインから写真素材も自産自消(?)だし。
だから久々に開いたら愛着沸いちゃって・・・(苦笑)

で、本日の本題。

今日は研修に行きまして。
午前・午後ともにみっちり講義。
午前は1.5時間、午後は3時間ノンストップ。

昨日、寝るの遅かったオレには酷。。。

しか〜し!

眠くなってる暇なんて全然なかったんだよね。
指名される恐れがあって緊迫してたから・・・(−□−;)!!
とかではなく。

結論から言ってしまえば
「面白かった」
のです。

研修がだよ?
仕事に関する内容だよ?

今回、研修で学んだことを自施設に持ち帰る。
それを伝えて行かなければならない。

でも、社内研修を開催したところで出席率と言えば・・・
出席こそしても関心度と言えば・・・

結局それって「伝える力」「引き込む力」が不足でしょ。
もしかしたら「信頼度」すら欠如しているかもだし(汗)

そう。「伝える」「引き込む」にはただただ一方的に
教え込もうとしても自己満足に過ぎず効果は薄い。
関心を持たせる為には「面白さ」は重要なんだよね。

だからと言って「面白いだけ」では「信頼」に欠けるから
その辺のバランス・空気を読み取って臨機応変に
変えていく必要があると。

技術や知識も確かに大事。
けど、「成功者」と呼ばれる人の共通点に
「話し上手」ってのがあるのかな。

と、この研修を通して思った。

自分はと言うと説明が下手だったり、
回りくどくなったり、顔色を伺い過ぎたり等々あるけど
自分で空気を作って、自分の世界に引き込む。
そんな力も必要だな。と。

毎日このブログを更新していた時期も少なからず
そういう思いもあって毎日頭をひねってたりもしたし
サビない為にも少しずつ、少しずつ・・・ね。
comments(0)    trackback(0) 修正
   

+ pplog 3.27 +