TOP
昇順 / 降順
2013/04 diary
2013/04/14
挑戦

やっぱりマラソンが転機だったよなぁ・・・

そんなわけであれから数日が経ったわけだけども
未だにモヤモヤは晴れなかったりする。

ただ、やっぱり「自信ない」「怖い」ってだけでなく、
発表後に今のフロアで働いていて実感したのが
「ココを離れたくない」って気持ちも大きい。
「人」を相手にしてりゃ「別れ」は付き物だけど
どんな理由であれ別れはいつでも切ないもんだし。

でも、かと言って今のところに残って
昨年からの引き続きのリーダーと共に
牽引していくことになってたとしたら
それはそれで違う気がするんだよね。

リーダーの仕事を分担することはあっても
決定権や指示等は任せちゃいそうだし、
そういう甘さを持ってたら去年と変わらないもん。

だから、それが不安の要因の一つではあるけど
新たなことをやる以上は新たな環境で
一からスタートしたいという思いがあるんだよね。
そうでなきゃ成長しないし、リーダーになる意味ないし、
「別れ」の切なさがあれば「出会い」の喜びもあるし。

いやぁ、我ながら変わったよね。
以前、特にマラソンを始める前の自分じゃ考えられなかった。

この仕事を始めた時だって丸っきり違う世界に
未経験・無資格で飛び込んで不安だらけだったし、
独特な「世界」が広がっていて本当に辛かったけど
だからこそのやりがいや達成感の存在を知っただけに
周りに認められる為に、自分を認める為に、
がむしゃらに突っ走って来たしね。

ん〜。怖いもの知らずとも言える変貌に
自分自身が戸惑ってたりもするのかも(苦笑)

他のリーダーは福祉系の大学や専門を出ていたり、
それ系の学校こそ出てないけどベテランだったりして
明らかに浮いてるけど「やっぱり無理だったか」と
鼻で笑われたくないし、自分自身そう思いたくない。

だからこれまでもそうしてきたように
無理に思えることも可能にしてみせる!
結果だけでなくそこまでの過程も大事だし
大きく成長出来るチャンスだしね。

「無理」と決めたらそこで終わり。
「挑戦」しようと決めたらそこから始まり。

挑戦する気持ちはいくつになっても持っていたいな。

--------

今や完全に不定期更新だったけど仕事やマラソンの節目に
決意や反省、記録として文章を記すのはやっぱいいね。
後々、初心に戻る必要が生じた時に振り返って読めるしね。

一年後に読み返したらどう思うんだろうね(笑)
青臭さに「プププ」と笑える自分になっていたいな。
comments(0)    trackback(0) 修正
2013/04/11
運命のドア

今、音楽を聴くならコレかな。
モヤモヤしてて他はあんまし聴く気にならんけど。

単刀直入に言うと来月付けで昇進することになりました。
それ自体はとても光栄なことだよね。
いい歳での転職なのに未経験で分からないことだらけ。
でも、年下の先輩や上司がいる中でいつまでも新人として
甘えてられないし、そういう扱いされたくもないから
自分なりに必死に頑張って来たしね。
ライブが第一の俺だったのに仕事を優先することも増えたし。

それに職場の体制が新卒は即正社員なのに対して
中途採用は資格を取るまでは非常勤or契約社員だから
上の人たちすら認めるツカエナイ子より立場は下だったから
反骨精神も相当なものだったしね。

かと言って頑張ってる新卒の子たちに対しても
入社時期は大して変わらないからドンドン伸びる姿を見て
一回り以上離れてるだけに先を越されたくない焦りもあったし。

けど、元は出世欲なんて全然無いんだよね(笑)
平でお気楽にやっていたいし。
介護の世界に入ってからは余計にそれを思ったしね。
共にのんびり・和気藹々楽しく過ごしていたいし。

そんな中、年度末に恒例の人事異動が行われたわけだけど
俺は立場はもちろん、配属先も現状維持。

最初こそ「最悪〜!」と嘆いたけど半年ちょい居れば情も沸くし
当然のように現状維持を望んでいたけども
その反面で未知のフロアに行きたい願望もあったんだよね。
挑戦したい気持ちもあったし、人数が多かったり入替りのある
それまでのフロアでは出来なかったことが出来そうだし。

だから継続が決まった時は安心した気持ちと残念な気持ちとが
入り混じってその時もモヤモヤしたんだけども
決まった以上は去年以上に良いものにしていきたいと
心機一転気持ちを入れ替えたし、早々にいろいろと提案をして
良い方向に変えていく気で既に動き始めてたのにね。

そして、俺自身がまだ経験1年半にも満たないし
まだまだ教わること、経験を通して学ぶべきことがあるし、
あからさまに他の役職者たちより力量不足なのに
同じチームの人たちに申し訳ないでしょ。

特に今年入ったばかりの子なんて最初のリーダー次第で
伸びる・伸びない、介護の面白さを見い出す・辛さしか感じない、
等々、今後を左右しかねないし。
俺がまだまだ今年入ったばかりの子たち寄りだけに分かるけど。

と、昔の俺ならただ闇雲に「無理!」「不安!」「自信ない!」と
ネガティブ発言を羅列しただろうけど純粋に嬉しい気持ちはあるし、
今後も介護を続ける上ではチャンスだと捉えられる余裕もあるけど
強いて言うなら「タイミング」なのかな。
これが先月の人事異動の段階で決まってたら不安に感じながらも
もっと光栄に思える気持ちが勝ってそうだし。

そもそも今年1年の野望をいろいろ抱いて動き出したばかりで
今のフロアを去る志半ばな感じも不本意だし、
本当に大変だし、本気でイラつくことも多々(苦笑)だけど
それでも今抱えてる利用者たちが愛おしいしね。
そこを去るのも寂しいし、見届けたかったし。

はぁ・・・
何から何までモヤモヤだよ(涙)

ま、今のところに配属が決まった時がそうだったように
最初こそこんな気持ちでも来年度の異動が発表になって
もし、また別のフロアに行くことになれば思うんだろうけどね。
「離れたくない!」って。

それが分かるから「チャンス」だと思うんだけどさ。

でも・・・

今度は俺一人の問題じゃなくなってくるし、
やっぱり言葉では表現出来ないモヤモヤした気持ちでしかない。。。


「運命のドア」  渡辺美里
果てない道の途中で闘い続ける
あなたとそしてボクは恋におちてゆく
運命のドアあけちゃえば きっとどうってことないのかな
人生なんて アィ アィ アィ I want you to love me
生まれたばかりの情熱トキメキに揺れて
月に向かってとびたつロケットのパイロットみたいだね
うつむくばかりの時代に終わることのない
愛の唄をふたりできれいにハモっていたいよね
行き交うざわめきの街に空をつきぬけて
風をうけてはだしのまま太陽の下歩こうよ
瞳をそらさないで愛に向かいたい
あなたを意識したら世界が息づく
果てない道の途中で闘い続ける
あなたとそしてボクは恋におちてゆく
運命のドアあけちゃえば きっとどうってことないのかな
人生なんて アィ アィ アィ I want you to love me
毎日のTVのニュースは灰色の雲が
日本中に冷たい涙をおとしているけれど
願いが届かない時も 道に迷う日も
闇をぬけて二人の恋 翼ひろげてとんでゆく
誰かに純粋さをためされたくない
淋しさ感じるのは生きているからさ
愛する気持いつもわけあえられれば
輝き見失った時代さえこせるよ
何度も何度も名前呼んで
宇宙に描くよ 結ばれる未来を
瞳をそらさないで愛に向かいたい
あなたを意識したら世界が息づく
果てない道の途中で闘い続ける
あなたとそしてボクは恋におちてゆく
運命のドアあけちゃえば きっとどうってことないのかな
人生なんて アィ アィ アィ I want you to love me
comments(0)    trackback(0) 修正
   

+ pplog 3.27 +