OTS | 【TOP】 | プチマスコット
GOMES THE HITMAN/omnibus | 【ライブレポート】 | 天方直実/RE:「アノトキイマヲミツメテタ」

2003/09/23
「東儀秀樹/JAPAN TOUR 2003 PICTURES」
今日はいつもとは一味違うコンサートに行ってきました♪
その御相手はと言うと・・・雅楽で知られる「東儀秀樹」です(渋)

いや、ちょうど1年前にアルバム購入について日記にも書いたことあるし
密かに興味はあったんだよね。ただコンサートは見合わせていただけで。
だって「雅楽」のコンサートなんて敷居が高そうだし厳粛そうだしねぇ。
こんな伝統芸能の「で」の字も知らない若造が行く場所では無いなと・・・
けどひょんなことから直前に思い立って初めて目(耳)にすることになったのだ。

で、内容はと言うと二部構成になっていて一部は割と本来の雅楽に法った(?)
雰囲気の中での演奏でぶっちゃけ眠くなって何度も落ちかけた(苦笑)
いや、退屈ってのとはちと違うんだけどね。
なんつ〜んだろ。キレイな音色と幻想的な空気に包まれてたんだよね。会場が。
そしたらスンゴイ気持ち良くなっちゃって何度も眠りの世界の門を・・・(苦笑)

そんで休憩を挟んで二部が始まった訳だけどこっちは打って変わって釘付け。
去年のツアーからバンドを入れての演奏というスタイルを取ってるらしいのだが
二部では一部以上にそれらの音を前面に押し出しての演奏だったので
馴染みもあって聴き易いし自然と高揚してたからねぇ。

中には日本古来の雅楽をバンドと融合させるなんて何たることだなんて意見も
あるのかもしれんけど現代を生きるドラさんとしちゃ〜アリかなと。
実際に周りでも「東儀秀樹」って言うと「雅楽の?」と返ってくるほど浸透してるし
こういう文化を継承していくという点では大きく貢献してるんじゃないのかな?
このスタイルを取ってなかったら自分も見向きもしなかったかもしれないしね。

あ。驚いたんだけどアンコールではギター弾きつつ歌っていた・・・(笑)
ギターも好きだってのは知ってたけどまさかココでやっちゃうとはビックリ!
益々雅楽のコンサートだとは思えネェ〜(笑)

と、思ってたよりも全然ラフだったし楽しめたし行って良かった♪
最近ホントこういう総座りな落ち着いた雰囲気に惹かれるようになったなぁ〜
そんな訳でまた行ってみたいと思うのでありました♪

ちなみに東儀さんが主に吹いている篳篥(ひちりき)って演奏はおろか
音を出すことさえも相当難しいらしい。
それ故に演奏の際は瞬間的に耳で確認しながら音を調整していくらしい。
よって「毎回音が違うのでツアー全部に参加することをお勧めします」とのこと。
・・・ゴメンだけどそれは絶対に無い!(笑)

ドラの楽天room」roomからの購入はポイント2倍!!
Trackback  【修正

:: trackback ::

:: comment ::

name ::
mail ::
home ::
comment :: 文字装飾 グラデーション 絵文字

:: pplog ::