見た人はすぐやらなきゃナランバトン | 【TOP】 | 花粉Show
小沢健二Newアルバム発売 | 【小沢健二】 | 毎日の環境学

2006/02/27
「放牧」
言い得て妙なのかぁ・・・(笑)

オリジナルとしては4年振りとなるアルバムのリリース(3/8)が目前ってことで
廃れてた我が家の掲示板でもそんな話題がチラホラ出てるんだけどもその中で
「放牧出来るようになった」って言ったらそう返されましてん。
まぁ、お互いに「ごもっとも」ってトコなんだろうけど(苦笑)

ちなみに「オザケンが好きなんだ〜♪」って言うとかなりの確率で「そういや消えたね」って
返ってくるけど「売れなくなって目立たない」とかじゃなくてホントに消えたからね(笑)
最近じゃ4年に一度くらい活動する程度だし(苦笑)
その上、発売延期、延期でまた延期みたいな散々な状態だし(笑)
そして、ようやくリリースに至った作品は良くも悪くも期待を裏切られる作品だしね。

で、フツーにファンしててもこんな状態なら痺れを切らしそうだけどもドラさんは
「よく原宿のオープンカフェで詩を書く」って聞いて原宿中を張ろうとしたバカだし(笑)
だから待たされることも、曲の雰囲気がガラッと変わることも耐え難そうに思うんだけども
あそこまで筋金入りの自由奔放さを見てるとそれはそれで気持ちいいってのもあるし、
良い加減に諦めも付くんだよね(苦笑)
そんで「一時は中毒だったのに放牧出来るまでに"心得"を習得したなぁ」って(苦笑)
よって今作も楽しみではあるけど大きな期待はしてないしね。
そもそも「声」もハマった大きな要素だったのに全曲インストなんだもん。

ついでに言えば最近じゃ「ライブでは昔の曲も聴きたい!」とかすら思わなくなった(苦笑)
ライブに関しては10年もやってないし今回も全く期待はしてないけど、もしやるのならば
大人になってから(笑)の作品を中心にアダルティーなライブやって欲しいなぁ。
キャパ的に厳しいだろうけどバーとかでグラスを傾けながらそんなん聴けたら最高!
うっかりして甘いお茶なんて飲んじゃうよヽ(´▽`)/

そういや、今朝ミッチーが10周年記念ツアー中とかってテレビでライブの様子を見たけど
もし、オザケンが王子キャラのままコンスタントに活動続けてたらどうなってたんだろう?
もしかするとそこへの比重が大きい分だけ他への興味が沸かなかったかもしれんな。
そう思うとオザケンの活動スタイルが変わったことは自分にとっても良かったのかも。

あ。も1つ思い出したけど大掃除した際に前に集めてたイケナイモノも
「この機会に」とまとめて処分したけどオザケンのだけは捨てれんかった。
それくらいあの人に出会った時の衝撃はハンパじゃなかったのだ。

Ecology Of Everyday Life 毎日の環境学
小沢健二
EMIミュージック・ジャパン (2006-03-08)
売り上げランキング: 5670


アラフォーメタボのフルマラソン」新ブログ♪
人気ブログランキング」参加中☆
Trackback  【修正

:: trackback ::

:: comment ::

name ::
mail ::
home ::
comment :: 文字装飾 グラデーション 絵文字

:: pplog ::