ラッピング | 【TOP】 | 愛県精神度ランキング
槇原敬之/cELEBRATION2005〜Heart Beat〜 | 【ライブレポート】 | スピッツ/JAMBOREE TOUR "あまったれ2005" @ Zepp Tokyo

2005/11/23
「渡辺美里/「Sing and Roses Tour '05〜'06〜歌とバラの日々〜」@千葉市民会館」
の千葉市民会館に行って来たん(´∇`*)
よって、以下ネタバレです。

ちなみに美里の千葉ライブと言えば「千葉県文化会館」。
しかし今回の会場は「千葉市民会館」。
と、今回は定番の会場が少ない上に普段のツアーの半分くらいのキャパの会場が多くて
「いつもと何かが違うんかな?」と期待しながらの参加。

そしていざ開演。
まずは期待してた「BREAK ON THROUGH」で始まらなかったのはガックシ。。。
しかし「蝶のように花のように」から始まるというやる気満々ムード漂う始まり(笑)
そんでもって1曲目も意外だったけど2曲目の「ハミング」にビックリ。
記憶ではリリースした年の西武で歌ったくらいじゃないの?
正直、CDでは「飛ばし曲」だったりするけどライブ映えする曲だしね。
お陰で早くもちょっと興奮(笑)

そして会場的に「悲しいボーイフレンド」に大興奮だったのかな?
けど個人的には次の「amagumo」に歓喜!
青蝶ツアーは1本しか参加してなかったし、初・再び含めて聴きたい曲満載だけど、
次作のツアーってことで期待してなかったしね。

ちなみに過去の曲の中で一番のポイントは「ムーンライトダンス」。
「過去聴いたことあったっけなぁ?」と思うほどゴブサタな一曲だし、
リリース時期も含めてピンポイントな季節だけにより嬉しかった♪

逆に残念だったのが「マボロシノツバサ」。
「ORANGE」の中では「グロリア」「ONE MORE KISS」とこれが
群を抜いて好きなだけに狂喜乱舞って感じだったのにイントロの間に
早替えして登場するとか思いきや最後の1,2フレーズしか歌わないし!
ヘンに喜んじゃった分、「なら聴かない方が良かった」と思うほど凹んだ(涙)

Newアルバムの中からは何よりも「Oh!Hardest night」!
これ。昨日聴いた瞬間に「これ好き!」と飛び付いたくらい音が好み。
「ORANGE」の収録曲もだけど「ソレイユ」以降の作品って
シリアスな感じとか重い感じの曲が妙に好きだったりするんで〜。

しかし同様に第一印象から「いい!」と思った「あなたの目 あなたの手」は
歌わなかったのはショック(凹)
それからライブで聴いたらピッタリであろう「MUSIC FLOWER」も
歌わなかったのは残念だったなぁ・・・。

それとMC。
ツアーではご当地ネタMCはお約束で今までもマリーンズネタは話してたけど
今までは本人もサラッと話す程度だったし、自分も自分で興味が無かったから
サラッと聞いてたけど今回は「優勝」っつー大きな出来事の直後だったのもあって
色々と話してくれたのが嬉しかった!
中でも「マリーンズファンの応援は凄いとは聞いてたけどホント凄い!」ってのがね♪
・・・来年の夏・・・マリンスタジアム・・・やっとく?
ジョニーが宮崎弁で祝福してくれるかもよ(´∇`*)
実はワシもユニフォーム着用は一瞬考えたけど踏み止まった(苦笑)

セットリスト
1.蝶のように 花のように 〜You are the only one!〜
2.ハミング
3.すき
4.トマト
5.悲しいボーイフレンド
6.amagumo
7.恋愛とコーヒーと。
8.BELIEVE
9.NO SIDE
10.Kiss from a rose
(マボロシノ ツバサ)
11.ムーンライト ダンス
12.Oh! Hardest night
13.Precious Love
14.ジャングル チャイルド
15.My Revolution
16.Live for today ! 〜あなたと生きてゆく〜

−アンコール−
17.メロディ
18.10years
19.サマータイム ブルース

20. いつか きっと
21.夢のあいだ

内容的には通常のアルバムを引っ提げたツアーと何も変わらないけど
本人も話の随所に「節目」「20年」ってことを言ってたからだろうか。
過去には今日以上にツボ曲満載なライブはいくらでもあったけど
「KANやGOMESも激しく好きだけどやっぱし美里なんだよね〜」と、
自分の音楽の原点であることを強く感じたライブだった。
西武はイッちゃってて(苦笑)記憶無いし、「seasons」は言ってみれば企画物だし、
自分にとっては「20年」を一番強く感じられたのかな。

それと昨日も書いたけど個人的には「ソレイユ」以降は第一印象こそは微妙だけど
聴けば聴くほど味の出るってアルバムが続いてたけど今回は最初からいい!
ってか、こうして改めて見るとホント豪華な作家陣だよね。
大江千里、木根尚登という昔からお馴染みの面々に加えて
マッキーにTAKURO(GLAY)に小渕さん(コブクロ)て。
小渕さんは「YOU」の時に聞いたからいいとしてもTAKUROのコメントが聞きたし。
あの人も確か美里が好きだったような・・・

渡辺美里/「Sing and Roses Tour '05〜'06〜歌とバラの日々〜」@千葉市民会館
グッズのパンフとハーブティー。
ハーブティーはDVD BOXが届いたら観ながら飲むぞ〜♪

Voice I [DVD]
Voice I [DVD]
posted with amazlet at 11.09.23
エピックレコードジャパン (2007-07-18)
売り上げランキング: 80211


アラフォーメタボのフルマラソン」新ブログ♪
人気ブログランキング」参加中☆
Trackback  【修正

:: trackback ::

:: comment ::
神戸国際会館に行ってきたん(´∇`*)
封印してた新譜聴いてから行けばよかったかな。
・・・って、たった5日だけど。
来年も3月からツアーあるし、
暫しおあずけ。
具体的なことは濁しつつ、夏の事も計画中だそうです。
      by  ゆっちょ  at  2005/11/28 1:51:05
ウワサでは各会場微妙に曲を変えてるとか。
とりあえず千葉も海老名+1曲だったし。
ん〜。他会場のセットリストが気になるけど
見たらショック受ける可能性もあるなぁ(苦笑)

んで夏はどうなるんだろ。
個人的にはスタジアムにこだわらなくていいから
野外ライブを復活させて欲しいなぁ。
青空の下で飲むビールが旨いんだ♪(邪道)

ってか、中小規模の会場でツアー形式にしたら
西武に来れなかったような人も参加出来るし
マジでそんな感じにならないかなぁ・・・
      by  ドラ  at  2005/11/28 8:57:38

name ::
mail ::
home ::
comment :: 文字装飾 グラデーション 絵文字

:: pplog ::