運命のドア | 【TOP】 | 五月病
運命のドア | 【仕事】 | 空回りの日々

2013/04/14
「挑戦」
やっぱりマラソンが転機だったよなぁ・・・

そんなわけであれから数日が経ったわけだけども
未だにモヤモヤは晴れなかったりする。

ただ、やっぱり「自信ない」「怖い」ってだけでなく、
発表後に今のフロアで働いていて実感したのが
「ココを離れたくない」って気持ちも大きい。
「人」を相手にしてりゃ「別れ」は付き物だけど
どんな理由であれ別れはいつでも切ないもんだし。

でも、かと言って今のところに残って
昨年からの引き続きのリーダーと共に
牽引していくことになってたとしたら
それはそれで違う気がするんだよね。

リーダーの仕事を分担することはあっても
決定権や指示等は任せちゃいそうだし、
そういう甘さを持ってたら去年と変わらないもん。

だから、それが不安の要因の一つではあるけど
新たなことをやる以上は新たな環境で
一からスタートしたいという思いがあるんだよね。
そうでなきゃ成長しないし、リーダーになる意味ないし、
「別れ」の切なさがあれば「出会い」の喜びもあるし。

いやぁ、我ながら変わったよね。
以前、特にマラソンを始める前の自分じゃ考えられなかった。

この仕事を始めた時だって丸っきり違う世界に
未経験・無資格で飛び込んで不安だらけだったし、
独特な「世界」が広がっていて本当に辛かったけど
だからこそのやりがいや達成感の存在を知っただけに
周りに認められる為に、自分を認める為に、
がむしゃらに突っ走って来たしね。

ん〜。怖いもの知らずとも言える変貌に
自分自身が戸惑ってたりもするのかも(苦笑)

他のリーダーは福祉系の大学や専門を出ていたり、
それ系の学校こそ出てないけどベテランだったりして
明らかに浮いてるけど「やっぱり無理だったか」と
鼻で笑われたくないし、自分自身そう思いたくない。

だからこれまでもそうしてきたように
無理に思えることも可能にしてみせる!
結果だけでなくそこまでの過程も大事だし
大きく成長出来るチャンスだしね。

「無理」と決めたらそこで終わり。
「挑戦」しようと決めたらそこから始まり。

挑戦する気持ちはいくつになっても持っていたいな。

--------

今や完全に不定期更新だったけど仕事やマラソンの節目に
決意や反省、記録として文章を記すのはやっぱいいね。
後々、初心に戻る必要が生じた時に振り返って読めるしね。

一年後に読み返したらどう思うんだろうね(笑)
青臭さに「プププ」と笑える自分になっていたいな。

ドラの楽天room」roomからの購入はポイント2倍!!
Trackback  【修正

:: trackback ::

:: comment ::

name ::
mail ::
home ::
comment :: 文字装飾 グラデーション 絵文字

:: pplog ::