飲み会 | 【TOP】 | 新定番
七夕 | 【仕事】 | 胃ろう

2012/07/09
「飴と無知」
夜勤わず(´Д`)

やっぱり夜勤は好きになれない…
いや、単純に「ハード」って意味でね。
でも、そんな中にも喜びはあるんだよね。

真夜中のトイレ介助の際の出来事。
終えてベッドに戻り臥床する際に
ポロっと飴が落ちたんだよね。

で、「飴が落ちましたよ」って手渡したら
まるで賄賂でも渡すかの如くこっそりと
俺のポケットにその飴を入れてきた(笑)
そんで「取っときな」だと(笑)

夜勤明けで帰る時間帯がおやつの時間だったりして
挨拶に回ったりしてると時々「ご苦労様」って
他に人にもやっぱり飴をもらうことがあるんだけど
何気にこの飴一つが嬉しかったりするんだよね。
その利用者なりの感謝の気持ちなんだろうし。

更に。

前にも書いたことあるかなぁ。
顔は似てるとはあまり思わないんだけど
髪型を含めて全体のシルエットが
亡くなった父方のばーちゃんに似た利用者がいて
ついつい個人的感情を持ち込んじゃいそうなんだけど
それを抜きにしてもトイレに起きたら付き添うじゃんね。
それが例えほぼ一時間置きでも(苦笑)

でも、その末にこんな言葉をもらった。
「オメ―は親切だな」と。

他の職員も同じ行動を取るだろうけどね。
ってか、取るべきだし。
なのにこの一言。

働き出して「これから祖父母孝行していこう♪」
って時に亡くなっちゃっただけに
こういう一言が妙に嬉しいよね。

半年が過ぎたとは言え、経験も資格も知識もゼロで入って
まだまだ介護の世界のことは無知と言ってもいいのに
こういうことがあるから頑張れるなぁ・・・

ドラの楽天room」roomからの購入はポイント2倍!!
Trackback  【修正

:: trackback ::

:: comment ::

name ::
mail ::
home ::
comment :: 文字装飾 グラデーション 絵文字

:: pplog ::