YUZU YOU | 【TOP】 | ニクバス
新体制初日 | 【仕事】 | 初風呂

2012/06/03
「介護ノイローゼ」
になる気持ち分かります・・・

って、イキナリだけど(苦笑)

いや、仕事に疲れてるとかじゃなくてね。
でも、時々思うんだよね。
俺は「仕事」として介護をしてるから報酬だってあるし
時間になれば解放されて帰る場所もある。

だからこそ楽しんでやってる部分大きいでしょ。
時には暴力行為もあるし(顔面パンチも経験アリ・笑)
強い拒否によって仕事が進まないこともあるし
その瞬間にはイライラしちゃうこともありますわ。
にんげんだもの・・・ byみつを

だけど、そういう利用者にも必ずあるんだよね。
可愛らしい部分が。職員を労う気持ちが。
だからめげずに立ち向かっていけるんだけど。

でも、それが報酬もない、解放もされない、帰る場所もない。
そして、そんな生活がいつまで続くかも分からない。
楽しさだけでなく大変さを知ってるだけに在宅での介護は・・・

でも、でも、今は育児ノイローゼも大きな問題になってるけど
多くの人が子育てを経験して来てるじゃんね。
夜中に泣いたり、こっちの意思が伝わらなかったり、
病気をしたり、ケガをしたり、オムツの交換に食事の補助。
同じように大変なのに乗り越えて来たじゃん。
大変だけど成長が喜びだったりしたわけじゃん。

介護や育児に限ったことじゃないけど
運命・宿命は裂けられないでしょ。
だったら嘆くよりも少しでも楽しみたいじゃん。

そう思う俺は発散の方法を見つけるなり、
見る角度を変えてみるなりして
何事もポジティブにやっていきたい。

だから「仕事」としてやっていても
大変なことはたくさんあるけど
イライラよりニコニコを増やしたいよね。

そして、それは自分次第なんだよね。
物心ついてない赤ちゃんでも認知症の高齢者でも
「気持ち」って伝わるものだから。

ドラの楽天room」roomからの購入はポイント2倍!!
Trackback  【修正

:: trackback ::

:: comment ::
昔は、姑って【ヨメは人ではない】って感覚だったらしい
ですよ?儒教道徳が強いからそりゃ、いわゆるヨメの
人って大変だったって。昭和40年頃に、当時独身女性
の結婚相手の条件に【ババ抜き】ってあったとか。
戦前なんて、家電製品とかないし、子供は多いし。
そして家の中に序列があった。当主が食べるものも
一番いいものを。そして次が全てそ相続する長男。
そして息子達と続く。
でも短命の時代だったとも言える。昭和に入った頃でも
平均寿命は50年なかったから。
お手軽・便利さを追求したのが現代。
そりゃ、育児とかその反対だもの。介護も。
(大体、75歳もあれば大概の人は寿命は十分。
この年境に老人性痴呆症って増えます。認知症って
言い方、矛盾してます。認知できないのにですよ?
認知症が進むって言ったら、意識がクリアになるコト
じゃないですか?)
      by  Lis  at  2012/10/02 22:30:52
コメントありがとうございます。

「高齢化」「高齢化」って言うけど
その要因は少子化ももちろんあるけど
寿命が延びてるのもあるんですよね。
医療の進展に比例して。

で、それに更に比例するのが認知症。
文字は確かに仰るとおりですね。
ぶっちゃけ、この仕事をしてたって思います。
「痴呆症」の方が適切だって。
差別等に値する言葉なんて他にも多々あるし。

それはさておき。

この期に及んでも嫁のことを話す人いますよ。
けど、時代の流れなんですかね。
意外にも褒める人の方が多かったりします。
もっとも自宅で嫁に介護されるよりは
離れる方がお互いに気が楽だし、
今まで見えなかった部分も見えるのかもだけど(苦笑)

そういう意味でもこれから重要視される場所ですよね。
老人ホームって。
      by  ドラ  at  2012/10/03 10:51:11

name ::
mail ::
home ::
comment :: 文字装飾 グラデーション 絵文字

:: pplog ::