5周年 | 【TOP】 | おばあちゃんの思い出
成功者は話し上手 | 【おもうこと】 | ----

2016/11/21
「人生を変えた出会い」
あなたにはありますか?

先日とある講演を聞きに行った際に参加者が質問で
「人生を変えた出会いを3人教えてください」と言ってて。

んで、自分でも考えてみた。
けど、浮かんだのは2人だけ・・・

あ。他の出会いに対して
「別にオマエとの出会いは要らなかった♪」
とかでは無いので(笑)

しかも、2人の内の1人はオザケンだし(苦笑)

いや、今の音楽好きな自分の根底とも言えるし、
出会った時期は人生で最も暗闇の中にいたし、
大きな出会いに違いはないけれど
この質問に対する答えには値しなそうじゃん?(苦笑)

てなわけで唯一パッと浮かんだ人生を変えた出会い。
それは中学時代のテニス部の顧問のM先生です。

今の時代としてはスパルタな部類に入る指導方針で
それだけでも当時はしんどかったのに
「いい加減な奴はダメだ!」的なこと言いながら
有言実行されないことだらけだったのも不満だったし(笑)、
それより何よりもコレ。

先輩たちが引退するまではひたすら球拾いだから
同級生はサボる奴らがほとんど。
それに対して常日頃から宣言してたんだよね。
「練習に出ない奴は上手くても試合に出さない。
少しくらい下手でも練習に出る奴は試合にも出す」って。

自分は法事等々どうしても抜けられない用事があっても
済んだら1人だけ先に帰って来ても練習に出てたし
自画自賛ではなく確実に同級生16人の中で
一番の出席率を誇ってたのにある練習試合に行った際に
1人足りないから下級生から出すとなった時・・・
俺ではなく、その場にいた中でも一、二を争う
出席率の悪い奴が選ばれたんだよね。

その時に思ったよね。
「結局は実力主義だ」って。
「大人なんて信用出来ない」とさえ思ったし。

その出来事に深く傷つきながらもどうにか続けて
先輩たちが引退し、いざ自分らの出番となった夏。

休み中の練習でこっぴどく絞られまくりました。
それは被害妄想なんかじゃなく周りの同級生も
「オマエすんごいターゲットにされてるよね」と
同情やら激励してくるほどに。

その頃には「自信」なんて微塵もなかったよね。
そもそも例の練習試合の時に打ち砕かれてたし。

そして、運命共同体となるペアの発表の日。
これによってレギュラー取れるかも決まる。
絶対にレギュラーになりたくて球拾いしか出来なくても
誰よりも練習に出て来ただけに怖かった。
本当に怖かった。
「出来損ない」のレッテルをいよいよ貼られるんじゃないかって。

で、次々に名前が読み上げられていく中、
最後まで俺の名前を呼ばれることは無かった。。。

過去、どんなにセンスが無いような人でも
ペアを組んでレギュラーを争う権利を持ってたのに
俺にはそれすらも許されないのか。

本当に目の前が真っ暗になって
すぐにでもその場を立ち去りたかった。

けど、それは単なる呼び忘れと判明(苦笑)
俺はいわゆるエース候補の1人と組むことになった。

本当に嬉しかったよね。
初めて認められた瞬間だったし。
その先生にはもちろんのこと、
何の取り柄も無かった人生においても。

もちろん、悔しさをバネに歯を食いしばって
頑張った成果でもある。

けど、そんな強さも含めて、
この先生には大事なことを教わった気がするし、
人間形成の基本になったと思ってる。
マラソンを始めてから再びそう思ったし。

3年に上がる前に移動になってからずっと
感謝の気持ちを伝えたかった思いがあったし、
大人になってからは飲みたいと思って来たけど
もう定年しててもおかしくないと思うと
再会の機会を願ってやまないよね。

ホントいい加減だったし、
ひたすら怒鳴り散らすだけの人だったけど(笑)

でも、俺にとって人生を変えた出会い。


アラフォーメタボのフルマラソン」新ブログ♪
人気ブログランキング」参加中☆
Trackback  【修正

:: trackback ::

:: comment ::

name ::
mail ::
home ::
comment :: 文字装飾 グラデーション 絵文字

:: pplog ::