真夏のファンタジー | 【TOP】 | もも
真夏のファンタジー | 【渡辺美里】 | 美里祭り2010の裏側・表側

2010/08/27
「十五少年漂流記」
敢えて、スルーしようと思ったけどやっぱりねぇ・・・

明日、美里と過ごす15年目の「夏」を迎えます。
1年、また1年と積み重ねた15年。
気付けば人生のほぼ半分に達している。

そんなことに今朝、気付いた。

自分自身も「夏が来れば美里ライブがある!」。
そう、当然のことのように思ってるし、
ファンの大半は「ライフワーク」になってるんじゃないかな。

けど、幸か不幸か自分は美里本人にとって11年目の夏からの参加なので、
美里にとっての節目は俺にとっても節目なんだよね。
「もっと早くから行きたかった」と思う反面で光栄に思うけど。
こうして「改めて」考えることが5年刻みでやってくるしね。

でも、帰り道にはこんなことも思って。
「ネットが無かったら今も通い続けてただろうか」って。

もちろん、メインは美里のライブ。
言うまでもない。

けど、遠方から来る人との年に一度の再会や、
近場でもそれぞれの生活があって会えない人たちと会える場。
そして、そういう人たちがいるから根底にある存在を想い続ける気持ち。
そういうのがあるんじゃないかな〜って。

昼に書いた記事でも書いたけど場所や開催期に変更はあれど、
「夏」が来ると必ず「会う」場を設けてくれること。
そして「25年」という想像を絶する期間、走り続けてくれたこと。

今年は夏の終わりの開催な上に、シクラメンに熱を上げてるから(苦笑)
数日前までま〜ったく明日のことなんて頭になかったけど
いざ、前日を迎えると、そして「25年目」という偉大な数字を見ると
「渡辺美里」という歌い手の凄さを改めて感じた。
俺が25年続けてることなんて「生きる」こと以外にないし。

って、スルーしようとした割に大層なこと書いちゃってるね(苦笑)

でも、「1年目」の夏に比べればコレでも大人になったのかね。
こうしてまたこの日を迎えられることに喜びを感じるんだよね。

って!!!

ココで「iTunes」から「Live Love Life」版の「10Years」て!!!

まぁ、ファン・一般。
それぞれ色々な意見も聴きますわ。

けど、俺は今の美里のペースって好きだなぁ。
一時期のようにハイペースじゃなくていい。マイペースでいい。
そうやって投げかけてくるものがダイレクトに伝わる。

25年目の夏と15年目の夏。
明日は全身で楽しんで来ます!!!

アラフォーメタボのフルマラソン」新ブログ♪
人気ブログランキング」参加中☆
Trackback  【修正

:: trackback ::

:: comment ::

name ::
mail ::
home ::
comment :: 文字装飾 グラデーション 絵文字

:: pplog ::