春の嵐 | 【TOP】 | 千里の道も一歩から
神様はいると思った | 【小沢健二】 | 地上の夜

2010/04/14
「小沢健二2万字インタビュー」
1994年2月。
16年前。

人生の倍以上前・・・

当時「ROCKIN’ON JAPAN」にオザケンの「2万字インタビュー」が載るということで
名前は知っていたけど俺とは毛色が違い買ったことのなかった雑誌を買った。

そして今年13年振りのツアーを行うオザケン。
それに伴い16年の月日を経て当時のインタビューを再現。

小沢健二2万字インタビュー

買ったのは間違いない。
青と白のボーダーのシャツ姿をよく覚えている(笑)

でも、何年か前に超超超大掃除をした際に捨てちゃったような・・・
いや、「コレだけは捨てられない!!!」と譲らなかった!
けど、「そんなこと言ってたら一向に片付かない」と処分しちゃったような・・・

ってことで、確かめる猶予はあったものの
今回の掲載するにあたっての本人のコメントもあったし
正に16年振り二度目の「ROCKIN’ON JAPAN」購入です。

いつ読もうかな〜♪
捨てたかどうか確かめる前に購入したクセに
敢えて自身14年3ヶ月振りのライブになる
6/4の名古屋に向かう新幹線で読もうかな?

それにしてもこうして音楽誌がオザケンをフューチャーする日が来るとは・・・

何だか未だに信じられないんだよね。
あまりに「夢のまた夢」だと思ってたことが目の前にあることが。

「ラブリー」「ドアをノックするのは誰だ!?」「戦場のボーイズライフ」etc・・・
これらの生歌を再び聴けるかもしれないと想像するだけで泣ける。。。


P.S
Happy Birthday!!!
潜伏期間(笑)が長かっただけにもはや幾つか
分からなくなりそうだけどちょうど10歳違いだったような・・・
って、ことは42歳か。
でも、クマの着ぐるみ姿は当時のままだったよ(笑)

4.14。
諸事情で今は削除しちゃったけど一時期は
フリーメールにも引用してた日にち。
そして、未だ現役のフリーメールもやはりオザケンから取ったもの。

それくらい俺の中で「小沢健二」と言う人の存在は大きいのだ。大き過ぎるのだ。

アラフォーメタボのフルマラソン」新ブログ♪
人気ブログランキング」参加中☆
Trackback  【修正

:: trackback ::

:: comment ::

name ::
mail ::
home ::
comment :: 文字装飾 グラデーション 絵文字

:: pplog ::