ラジオ VS iPod | 【TOP】 | 一貫性
コイシテイルカ | 【GOMES THE HITMAN】 | ゴメカラ

2009/08/07
「FLYING KIDSと山田稔明」
「何の繋がりがあんの!?」って思った?

実は俺が買った2枚のFLYING KIDSのシングル。
「旅路」というキーワードと深い繋がりがあるんだよね。

まずは「風の吹きぬける場所へ」。
多分高2だったなぁ。
メンツは異なれど毎年夏休みに行ってた海があるんだけど
そこで流れてたんだよね。
で、他にも1日中「夏らしい曲」が流れてた中で
何故かこの曲が耳から離れなくって気付いたら買ってたという・・・。

で、免許を持ってる今だから「海水浴」なんて言っても
何とも感じなかっただろうけど俺は当時も原付免許持ってたけど
持ってないメンツの方が多かったから電車で行ったんだけど
俺の最寄駅から下りって単線で(汗)
だから特急との待ち合わせなんかもあったりでのんびり揺られて
30分以上はゆうに要するのかなぁ。

とにかくそんなして行った海だもん。
ちょっとした「旅路」でしょ?
しかも年頃の野郎が大勢で行くんだもん。
ワイワイガヤガヤとアホなことやりつつ
修学旅行や遠足気分で。

しかも、その海もバックには山があったりで
GOMESの曲に出てきそうな情景だったりするし、
思わぬところで「繋がり」を感じて。

そして「ディスカバリー」。
これは高3の冬。クリスマスのちょっと前の夜。
いち早く車の免許を取った仲間の車でTDLまで
やっぱりワイワイガヤガヤとやりながら吹っ飛ばして。
高速を使わず行ったから2時間ちょっとかなぁ。

周りのほとんどは教習所も親が出してくれてたけど
俺は「取りたきゃ自分でバイトして払え!」な家庭だったし、
車自体に興味が薄くて免許取るつもりなんかなかったんだけど
この日のドライブが新鮮ですんごい面白くって
気付いたら入校の解禁に向けてバイトを掛け持ちしてたよ。

と、余談を挟んだけどそのドライブ中に色々と曲を流してたのに
「風の吹き抜ける場所へ」同様に「ディスカバリー」も
何故かこの曲が耳から離れなくって気付いたら買ってたという・・・。

今じゃ「当然」のようにそんなこともしてるけど
当時は自分や自分の友達が車の運転をするなんて信じられなかったもん。
それをTDLまで行くなんて正に「旅路」。

って、無理矢理こじつけた感じ?(笑)
でも、俺にとってFLYING KIDSは
10代へタイムスリップする「旅路」のBGMであり、
自分が経験した小さな「旅路」の記憶を蘇らせるんだよね。

今更ながら音楽って「家路」と「旅路」を象徴するものの一つなのかもね。

BEST OF THE FLYING KIDS これからの君と僕のうた
FLYING KIDS 浜崎貴司
ビクターエンタテインメント (1998-02-11)
売り上げランキング: 16110


ドラの楽天room」roomからの購入はポイント2倍!!
Trackback  【修正

:: trackback ::

:: comment ::

name ::
mail ::
home ::
comment :: 文字装飾 グラデーション 絵文字

:: pplog ::