桜の紅茶 | 【TOP】 | 美里祭り2009
桜の紅茶 | 【GOMES THE HITMAN】 | サブローEyes

2009/03/25
「山田稔明「pilgrim」発売!」
山田稔明「pilgrim」発売!
GOMES THE HITMANのボーカル山田稔明が送り出す、
渾身、そして初のソロ名義でのアルバム「pilgrim」本日発売!

と、言っても自分は「レコ発」で一足お先に手に入れてるし、
もう、数え切れないほど聴いてるので「発売日」と聞いても
いまいちピンと来ないのが本音ではありますが(苦笑)
なのに妙なドキドキ感・ワクワク感があるのは何故だろう・・・

そんなわけでライブレポートの中だったり、その他の記事で
過去に書いた記事とダブる部分もあるけど改めて振り返ってみるべく
あまりCDのレビュー的なものはこれまで書いたことないけど
「pilgrim」は「初のソロ名義」というだけでなく色々な面で「特別」な感があるし、
自分自身が「発売日」に書き残しておきたい気分なので♪

ちなみにそんな「pilgrim」。
「出す」「出す」言って、ようやく出来た作品ですが(笑)、
完成して以降、本人の口から「4年振り」と何度も耳にして来たけど
ライブは定期的に行ってたし、「pilgrim」にも収録されてる新曲も多々歌って来たし、
CD−R(ep)ならこの間にも複数出してるから全く実感ないです。
ライブでこのネタが出ると「待たせ過ぎ〜」的なことも書いたことあるかもしれないけど
実際は「4年も待った」ってことに驚くほどだし。

ただ、この間。
年末に「改革の1年」という記事を書いたけど、この中にもあるように  
確かに最初は驚いたけどこの記事には書いてないことを補足すると
他の好きなアーティストが同じことをしたら「何を考えてんだよ!」と
考えの甘さに憤りすら感じたかもしれないし、
「この先どうなっちゃうんだろう・・・」と不安を感じずにはいられなかったと思う。
なのにymd氏がそれをやると安堵感すら感じてしまう。

この前の京都で「久し振りの曲を演ります」と言って歌い出すから何かと思えば
GOMES史上、最も知名度がある曲だろうし、
バンドの歴史を変えたと言っても過言ではない「手と手、影と影」だった。
一時は最大のヒット曲は外さない他のアーティスト同様に常に歌ってたのに。

でも、あるファンと話してたんだよね。
「『pilgrim』を聴いてつくづくフリーになって良かったと思った」って流れから
「手と手、影と影」だけはそこからファンになった人も多いだけに一時は違ったけど
上記の通り、言われて気付いたけど「手と手、影と影」も最近はご無沙汰だったし、
タイアップが付いた曲ってあまりライブで歌われてないことに気付いたんだよね。
で、「要望もあっただろうし、ダメだしもあっただろうし、本人的には不本意なのかもね」って。

それが今は誰の指図も受けず、自分のやりたいように作れるしね♪

まぁ、作詞・作曲だけでなく今までならスタッフがやっていたような作業も全て
自分でこなしたわけだからポロッと言った「しんどかった」の一言を忘れないけど
本当に大変だったと思うけど4年という歳月を掛けて、「自信作」と自ら言うだけあって
前作「ripple」は細く、長く、じっくりと、聴くタイプの作品だったけど
「pilgrim」は前々作「omni」のように即効性、そして中毒性(笑)のある作品に仕上がってます。

いや、関西滞在中に「GOMES THE HITMAN」名義の曲も聴きはしたけど
それ以外はレコ発第1弾の3/14以降は部屋、車、移動中のiPod。
いずれも「pilgrim」以外が流れることがありません。
機械がぶっ壊れちゃったんじゃないかってくらいに(笑)

しかも、元々、自分の作品を大事に、そして愛しているからこそ、
とことんこだわり抜いた製作を行って来たけど今回は「自主制作」。
いや、「完全自主制作」です。

ジャケットや歌詞カードの中のイラスト、歌詞にクレジット。
それら全ても手描き(手書き)というこだわりっぷり。

正直、「視聴会」の際には「好きな曲は『家路』に固まってるなぁ」と、  
やや複雑な気持ちもあったけど合間にMCだったり、他の曲もあったしね。
3/14に実際に手にして、聴いてみて驚いた。
むしろ、鳥肌すら立った。
それくらい本人だけでなく自分も「最高傑作」と思える「大切な1枚」です。

いや〜、これまでもよく「熱い」と言われるほどGOMESに対する想いを綴って(語って)来たけど
気付けば「饒舌スタッカート」に衝撃を受けて一瞬にしてココロを奪われてから8年。
なのに今更ながら、そして改めて思ったね。思わされたね。
「本当にGOMES THE HITMANが、山田稔明が好きだ」って。
そして、「この人はどこまでいい曲を書くんだろう・・・」って。

大袈裟かもしれないけど「pilgrim」を聴いて本当に思ったし。
「この時代に生まれて良かった」「GOMESに出会えて良かった」って。

上手くコトバに出来ないけど、本当に、本当に、ありがとう。
そんなことをココロから思える作品を作ってくれたことに感謝したい。

ちなみに回し者かの如く(笑)、べた褒めしてますが単なる一ファンですので(苦笑)
けど、そんな一ファンが唯一出来ることと言えば宣伝くらいですから・・・
「pilgrim」は「手売り」と書いてるようにショップでは買えません。
ライブ会場とオフィシャルサイトでの通販のみとなっております。

もし、これを読んでほんの少しでも興味を持った方がいたとしたら
今なら名前入りサイン付き盤も購入出来ますのでまずはチラ見程度の気持ちで
公式サイトに飛んでみてはいかがでしょうか♪

公式サイト:GOMES THE HITMAN.COM

そして、もし惹かれたのなら購入しておよそ60分の「旅路」に出てみませんか^^

-------

うぅ〜。上でも書いてるけど「omni」のように即効性・中毒性が強いので(笑)、
あの時と同じように聴き出すと止まらなくて寝不足な日々です・・・(苦笑)

「実感が無い」とは言ってもこれが4年という歳月の重みなのかね。
その時間を埋めるかの如く時間さえあれば(朝の忙しない支度中すら)聴いてるよ・・・

ドラの楽天room」roomからの購入はポイント2倍!!
Trackback  【修正

:: trackback ::

:: comment ::

name ::
mail ::
home ::
comment :: 文字装飾 グラデーション 絵文字

:: pplog ::