小室哲哉詐欺容疑で逮捕 | 【TOP】 | 正直者は馬鹿を見る
小室哲哉詐欺容疑で逮捕 | 【音楽全般】 | いしよし

2008/11/04
「つぐない」
一部では面白おかしく「ソレ」を書いてる人もいるし、
混同して書かなきゃいいんだけどきっかけとしてね。

広義で「アーティスト」と呼ばれる人がドラッグの使用によって
掴まるってのはあっちゃならないことだけど珍しくもないよね。

まぁ、法に反してる以上、こういう発言もアレだけど、
一般人には計り知れない重圧を常に抱えてるだろうし、
「自分の弱さ」に負けちゃうことを全否定するつもりはないです。
って、書くと助長してるっぽいけどもちろんそのつもりもないけど(汗)

敢えて今更例に出すけどマッキー。
あの日のことは未だに忘れないほど大きなショックを受けたし、
復帰後の作品もそれまで同様に買って聴いたものの
「しこり」みたいなものが残ってて・・・
今から思えば好きな気持ちを残しつつ割り切れない部分もあったんだろうね。

それが今じゃ完全に自分自身も復帰してるのは過去に書いたかもだけど
僕が一番欲しかったもの」を聴いた時に感じたんだよね。
「帰って来た!」って。
賛否両論あるだろうけど「アーティスト」として音楽を通じてしっかりと
ファンに対する償いが済んだ瞬間だと勝手に思ってるけど。

ってのもね、俺は元々FC入ってたことすらありますから。
「甘い!」って意見もあるかもしれない。
その証拠に(?)初代「cELEBRATION」にある友人を誘った時に  
初めてじゃないかな。その友人にライブの誘いを断られたのは。
その理由が「だって掴まったじゃん」

・・・

「だからナニ?」と言い掛けたけどごもっとも。
「それだけのことをしたんだ」と痛感した瞬間でもあったけど。

しかし、ビックリ。
ある日「また何かライブ誘ってよ〜」って話になった時に
何組かピックアップされた中にマッキーの名が!!!
聞くと、確かにその当時は抵抗あったけど今では思うらしい。
「やっぱりいい曲を作ってる」って。
そう、認めたんだよね。

要は何が言いたいかって言うと再犯ともなると話は別だけど
一度の過ちで、自身に復帰の気持ちがあるのであれば、
そこまでの地位を築いたのと同様に一から出直して↑のように
認められるような存在になって欲しいなと。

いや、そこまでの地位を築いた時よりも険しいかもしれない。
でも、「アーティスト」という表現者であるならば自らの表現で
償って行って欲しいなと。

そんなわけで償った上でもしまた音楽の世界に彼が戻ってくるのであれば
その時は暖かく迎えたいと思います。

アラフォーメタボのフルマラソン」新ブログ♪
人気ブログランキング」参加中☆
Trackback  【修正

:: trackback ::

:: comment ::
長く芸能活動を続けていこうとする人たちってのは、一度 持てるものをすべて出し切った後に、どうまた新たなものを蓄積したり、取り入れたりして 次のステップに進んでいるんじゃないか、という気がします。
たとえば、MISATOが ある時期からダンスを完璧に自分のものにしてステージングに生かしたように・・・ とか、永作博美や今は亡き本田美奈子さんのように、アイドルやったあと、舞台女優へと変貌していったこと とか・・・。
それを乗り越えた人たちが長くやってるんじゃないかなぁ〜、と昨日あたりからの報道を見て感じてます。
小室さんも、残しているものは、それは それは 大層な楽曲の数であり質でもあるので、それらは否定しても否定しきれないと思います。 またいつの日か それを礎に、でもそれを乗り越えて 新しいものを生み出して復活してほしいものだと思いますね。
      by  すみし  at  2008/11/05 8:23:53
香美嬢がライブの最後に言いますよね。
「次は更にパワーアップした広瀬香美をお見せします」って。

時々自ら思います。
「ファンって勝手だ」って。

その通り。
「10」のものを見れば次は「20」のものを見たいもの。
そしてアーティストはそれに応えなきゃならないんだもの。

TKのいわゆる全盛期ってダンスブームも手伝っての結果で
今なら今なりの作風もあったでしょうね。
もちろん、口で言うのは簡単だけど作る方は大変だけれど
すみしさんの言うように新しいものを生み出す方向に進んでれば
あの頃のようにとはいかないまでもしっかりと地位を築けただろうし
今回のようなことは起こして欲しくなかったですね。。。

何はともあれ復活するのであればやっぱり「音楽」を通じて
ファンに謝罪・恩返しをしてくれることを期待したいです。
      by  ドラ  at  2008/11/05 22:43:24

name ::
mail ::
home ::
comment :: 文字装飾 グラデーション 絵文字

:: pplog ::