メカラウロコ・15(写メ) | 【TOP】 | 葬儀て、、、
MOTORWORKS/BRAND-NEW MOTOR SHOW@SHIBUYA−AX | 【ライブレポート】 | GOMES THE HITMAN/猫町オーケストラvol.11〜the new beginning

2004/12/26
「THE YELLOW MONKEY/メカラウロコ・15」
行って来ました。イエモンのイベント「メカラウロコ15」。
ナンつーか、もうねぇ・・・

先ずこのイベントの主旨は解散をした「THE YELLOW MONKEY」の
15年を振り返る展示とビデオライブが主で各地を回って来た訳だけど・・・。
ドームはキャパがデカ過ぎで展示品がゆっくり見れなかったことも、
何時間も並んだのにお目当てのグッズが売り切れで買えなかったことも
今となっちゃどうでもいいっすわ。

けどあの終わり方は・・・(涙)
あくまで「挨拶」として登場するハズだったはずのメンバー。
確かに期待はしてたけどオモムロにスタンバイするじゃないのさ!
その時点でいっぱいいっぱい・・・。
しかも演奏した曲は「JAM」。ゴメン、ムリ。イカせて頂きます。
っつーことでダーッ!(号泣)

なのに・・・。演奏を終えると何事も無かったかのように無言で退散。
その瞬間に場内からはブーイングにも近いざわめき。
確かに自分もそうは思ったよ。「惹き付けといとそれはないだろ!」って。
でも・・・スゴク実感した瞬間でもあったんだよね。
「イエモンはもう過去のモノなんだ」って。

結局は解散の真相は曖昧なままだけど突然の解散だっただけにこういう場を
解散後に設けたこと。そして挨拶とは言え4人で出演すること。
彼らはプロのバンドである「THE YELLOW MONKEY」であったと同時に
一人の人間なんだよね。
理由はどうあれ解散を決めたバンドがお金を取ってファンの前で再び演奏することに
どう思っただろうか。なのに彼らは多くを語ることをせずにただ一曲だけを
演奏するという形を取った。感動・寂しさ・物足りなさ等、そんな簡単な言葉では
表現出来ない感情に襲われてしばらくは呆然として話すら出来なかった。
ホントにあの数分で感じたことが大き過ぎて・・・

でも!!!
鳴り止まないアンコールを願う拍手も空しく再び登場することなくイベント終了。
しばらくは魂が飛んでたよね。けどカッコ良かったんだよ。純粋に(涙)
「プロ」としての最後の「THE YELLOW MONKEY」の姿を見たし、
あれこそが俺が愛した「吉井和哉」なんだよね。
「ライブ」って括りで見たら不完全燃焼にも程があるけどあの場所にいたことを、
彼らの最後の演奏を体感したことを心の底から幸福に思ったし。
そして本当の意味で自分の中で「THE YELLOW MONKEY」を
「過去」と認識すると共に「YOSHII LOVINSON」の活動に祈りを込めたし。

確かに彼らの音楽に触れ、惚れ、いつの間にか近付いていたけど
今では「吉井和哉」って人間に惚れてんだよね。
例えフィールドは変わろうともロビンの後は追っかけまっせー。
マジでアンタ。卑怯なくらいカッコイイよ・・・。「吉井和哉」最高っ!(涙)

THE YELLOW MONKEY/メカラウロコ・15
ロビンの目線。
一般人でドームのステージから客席が見れるのは貴重でしょ〜。

THE YELLOW MONKEY/メカラウロコ・15
入場時に配布されるリストバンドと案内図とチケット。

THE YELLOW MONKEY/メカラウロコ・15
唯一買えた今回のパンフレット。嗚呼、ロビンモデルバングル、、、

<追記>
公式をも巻き込んで色んな意見が飛び交ってるらしいっすね。
確かに「それで終わりかよっ!」ってのも分かるんだよね。
でもさ、自分たちで決めた解散を既にしているにも関わらず
ああやって再び4人揃ってステージで演奏したことの意味や
それをすることへの彼らの気持ちも考えて欲しいとも思う。
少なくとも自分はあの潔い去り方が無きゃ引き摺ったと思うし。
いずれにせよあれが彼らの選んだ方法なのだよ。
あれが彼らの生き様なのだよ。
自分はそんな彼らだからこそ好きでした。以上。

---------------------------

ちなみにその後はイエモンに関係無い話で盛り上がりながらの飲み(笑)
でもアレが無きゃあんな状態で帰ったかと思うと・・・(汗)
某氏&某嬢サンクス!
直後はあんなだったのがこうして清々しくいられるのは二人のお陰です♪

---------------------------

そんな“2人”に捧げます。
「誰でもつくれる それを残さず 食べてくれるあなたが好きよ」

---------------------------

ナンチャッテ(^_^)


ドラの楽天room」roomからの購入はポイント2倍!!
Trackback  【修正

:: trackback ::
最後のJAM
メカラ ウロコ・15 東京ドーム----------帰って数時間経ちました。帰ってきて公式見ましたけど「最後のJAM」について、いろんな意見あるようですね。。。あって当たり前だけど、もう閉めてしまう公式で論議するものなの?吉井さんの言った言葉「ずっと歌ってて」正直、、..
      by  ハヴァナイスデー   at  2004/12/27 9:39:30
12/26 メカラウロコ15@東京ドーム (当日!)
きょうはイエモンのラストイベント。昨日書いたとおり、友達のみやっちと行きました。 CD・DVDなどのグッズやメディアブースにある希少な昔の掲載雑誌を見終わってからは目玉の展示ブースへ。めちゃめちゃ並んだ。もうディズニーの待ち時間もこわくないっす。その甲...
      by   ちょめぐち.com   at  2004/12/27 12:40:47
メカラ・ウロコ・15
終わりました。詳細は後ほどうpするとして(オール明けなのです)、「バンドの死に様」をこの目で見てきました。涙が止まらなかった。演奏してくれて、本当にありがとう。コメントなかったけど、私はあの演奏に彼らの言いたいこと全てがこめられてると解釈しました。もう、...
      by  空の青と本当の気持ち。  at  2004/12/27 15:59:27

:: comment ::
はぁぁ!!!かっこよすぎ(>_<)泣けてくる(>_<)やっぱ解散に至るなにかがあったわけぢゃん?たった一曲だったかもしれんけど、それがイエモンとしての四人のイキザマやったんだと思うし、引き際だったんだろうね!!やっぱり何曲もされたら、ファンだったらなんかしら期待するかもしれんやん??
「現段階での復活は有り得ない」というはっきりした決意表明だと思うよ。やっぱ選んだ曲が「JAM」なのもうなずける!!
私の中では姿形が変わっても、「吉井 和哉」が作るものは限りなく無限の可能性もあるわけで、SPITZなみに長いファン歴も今からまだまだ続いて行くと思う。
今まで受け入れがたかった「THE YELLOW MONKEY」の解散がすごい現実味をおびてきたよ。淋しいけど、新たなる四人の出発を@ファンとして、応援すること、そしてイエモンに出会えた事、いろんな思い出を大事したいって思う。



「YELLOW MONKEY 最高!!これからも大好きだ〜!!!!!!!」


って感じ。(笑)
ドラさんの日記に激しく心を揺さぶられた
あゆのヒトリゴト(?)でした。
      by  あゆ  at  2004/12/27 11:44:37
アータなら分かってくれると思ったよ!(涙)
スピ以上に熱いロビントークした気がするしな(爆)
もし俺らが並んで見てたとしたら・・・
手におえないくらい号泣してたかもな(苦笑)

でもホント何とも言えない気持ちだったよ。
ただただ呆然とするしかなかったんだよね。
そんで冷静さを取り戻した今、思い返しても
あのやり方を選んだこと、その場にいれたことに
「彼らを好きで良かった」と思うと同時に
最後まで「THE YELLOW MONKEY」らしい
カッコイイあの姿に泣けてくるよ・・・

今夜はイエモンでも聴きながら飲もうっと♪
改めてロビンの偉大さを感じたい。
      by  ドラ@管理人  at  2004/12/27 12:25:13
うう、スマン、号泣しなくて(汗)
ってか、何だろ?あっけにとられてしまって
本当ただ呆然とした感じだったからなぁ。
にわかファンであの場に行ってしまって逆に
申し訳ないような複雑な気持ちでした。
とにかくこれからアルバム全部集めるよ。
ってか、今回を機に余計に好きになったような。
不毛だ・・・。
      by  某嬢  at  2004/12/27 13:17:06
あはは。
あゆとは「スピッツ」で知り合ったのに
ホント散々ロビントークしてきたんさ。
今回も「行きたい」とは言ってたけど
九州に住んでるからねぇ・・・
だから「一度は行きたかったな」ってね。

でも昨日も言ったけど夢の中の出来事の様に
ホント全てが一瞬だったし何が起きたのかが
分からないくらいただ呆然としたよ。
俺も再結成は無いと思うし寧ろそれを望むよ。
ただ彼らが残した作品は今後も大切にするけど♪
      by  ドラ@管理人  at  2004/12/27 14:19:51
イエモンと出会ったのは、もう何年も前の…きっとデビューしてすぐだったと思う。弟が珍しくヘビーローテーションで聞いてた一曲だった。その時に「吉井 和哉」と「THE YELLOW MONKEY」を知って…
つい最近のことみたいに思い出すよ。
それいらいずっと一人のファンとして、イエモンの曲に泣き笑いしながら今日まできたんだな〜。車のCDチェンジャーからはイエモンってはずれたことないし。
イエモンは最初から最後まで自分達のスタンスを守りつらぬいて、新しいものを探して、好きな場所に羽ばたいていったって感じ。
なんかすごい 燃え尽きた感があるなぁぁ〜(>_<)残したものもまた偉大だよね〜?!
      by  あゆ  at  2004/12/27 15:23:55
何年も前?
まだ20代の頃か???(爆)

俺のイエモンとの出会いは17歳の夏。
たまたまラジオで「追憶〜」を聴いて
ナニコレ!?メチャイイ!ってCD買って
その年の暮れにはライブも行ってたなぁ。
それくらい一気にハマったんだよね。

今もそうだけど「ロック」ってジャンルは当時から
自分から好んで聴くことの無かった俺なのに
何故か彼らは無性に惹かれたんだよね。
その後もラジオやエッセー等で人柄を含めて
知れば知るほどハマっていつしかリスペクト。
それが気付けば26だもんな(苦笑)

「あの解散は良かったんだ」
そう思えるような活動を期待するよ。今後は。
とりあえずロビンソロライブが超見てぇ〜〜〜
      by  ドラ@管理人  at  2004/12/27 16:46:03
復活しましたねぇー
      by  ろびん  at  2018/05/13 21:34:24
復活しましたねぇー
      by  ろびん  at  2018/05/13 21:34:58

name ::
mail ::
home ::
comment :: 文字装飾 グラデーション 絵文字

:: pplog ::